演劇

丸ノ子ちゃんと電ノ子さん

デザイン:撮影:イトウユウヤ *前回公演『急襲キルフィールド』より

0 お気に入りチラシにする

演劇

芝居流通センターデス電所

「劇」小劇場(東京都)

2010/04/14 (水) ~ 2010/04/18 (日) 公演終了

上演時間:

『えりさん』こと水山絵里は話し始める。『ふきさん』の話を。

10年前。二十歳になったばかりの水山(田嶋杏子)はタバコとお酒を自分に解禁しようとしていた。

そこで同じ大学の川口(丸山英彦)に誘われ、とあるバーへ連れて行かれる。そのバーには、ひとりの女(山村涼子)が壁に絵を描き殴ってい...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/04/14 (水) ~ 2010/04/18 (日)
劇場 「劇」小劇場
出演 丸山英彦、山村涼子、豊田真吾、田嶋杏子、福田靖久
脚本 竹内佑
演出 竹内佑
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,300円
【発売日】2010/03/08
前売:3000円/当日:3300円
学生:前売、当日共に2000円(要学生証)
4/15(木)14:00のみマチネ割引2000円均一
サイト

http://www.deathtic.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 『えりさん』こと水山絵里は話し始める。『ふきさん』の話を。

10年前。二十歳になったばかりの水山(田嶋杏子)はタバコとお酒を自分に解禁しようとしていた。

そこで同じ大学の川口(丸山英彦)に誘われ、とあるバーへ連れて行かれる。そのバーには、ひとりの女(山村涼子)が壁に絵を描き殴っている最中だった。女は自分を『ふきさん』だと名乗る。
その時から、水山は『ふきさん』の魅力に取り付かれていく。

水山は『ふきさん』の親友となるが、『ふきさん』の視線は常に新しい芸術にだけ向いており、水山を見ることはなかった。しかしそれでも、水山はいつもそんな『ふきさん』を見守り、憧れていた。

水山が『ふきさん』と出会って数年後、『ふきさん』は自分で劇団を立ち上げ、その旗揚げ公演で大失敗する。
そしてその日、打ち上げに顔を出さなかった『ふきさん』はそのまま失踪してしまう。

1年後。急に水山の元に戻ってきた『ふきさん』は、感情というものが一切存在していなかった。

日常生活すらまともに送れなくなってしまった『ふきさん』を、看護婦になっていた水山が介護する日々が続いていた。
そんな中、『ふきさん』は電動式丸鋸を使用する恐ろしい“芸術活動”を思いつき、実行し始める…。
その他注意事項 劇団先行予約発売日:2/21(日)
*劇団webサイトにて!
スタッフ 音楽・演奏:和田俊輔

舞台監督:中村貴彦
舞台美術:池田ともゆき(TANC!池田意匠事務所)
照明:加藤直子(DASH COMPANY)
音響:児島塁(Quantum Leap*)
映像:本郷崇士
小道具:原田鉄平(Iron-Level)
振付:豊田真吾
制作:デス電所・武内奈緒(劇団赤鬼)
制作協力:水口美佳(TAKE IT EASY!)
企画製作:芝居流通センターデス電所

[情報提供] 2010/02/17 02:59 by takeuchi

[最終更新] 2010/05/11 09:45 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー5

maruhide

maruhide(0)

宜しくお願いしまーす★

studio-ise

studio-ise(0)

中学生以下のお客様にはオススメしません!

ふくちゃん

ふくちゃん(1)

関西方面の方々も是非。行楽気分で。

このページのQRコードです。

拡大