空の驛舎

AI・HALL(兵庫県)

2010/03/12 (金) ~ 2010/03/14 (日) 公演終了

上演時間:

山崎哲戯曲を上演するにあたって
私が「演劇」に出会ったのは80年代後半。こんな面白いものがこの世にあったのかと驚き、 毎週のように劇場に通った。プロジェクト・ナビ、第三エロチカ、NOISE、第三舞台、全部違って、 全部面白かった。戯曲も読み漁った。せかされるように「演劇」を吸収していたあの頃...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/03/12 (金) ~ 2010/03/14 (日)
劇場 AI・HALL
出演 石塚博章(Blue,Blue.)、三田村啓示、津久間泉、高橋理紗、泉寛介(baghdadcafe)、小中太(子供鉅人)、条あけみ(あみゅ~ずとらいあんぐる)、豊島由香、濱奈美(劇団ひまわり)、山田一幸(朱亜shu-A)、横田江美(A級MissingLink)、米田嶺(劇団太陽族)
脚本 山崎哲
演出 中村賢司(空の驛舎)
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 2,800円
【発売日】
前売2,500円 当日2,800円
[全席自由]
サイト

http://www.aihall.com/drama/retoro03.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 山崎哲戯曲を上演するにあたって
私が「演劇」に出会ったのは80年代後半。こんな面白いものがこの世にあったのかと驚き、 毎週のように劇場に通った。プロジェクト・ナビ、第三エロチカ、NOISE、第三舞台、全部違って、 全部面白かった。戯曲も読み漁った。せかされるように「演劇」を吸収していたあの頃、 とても興味深い作品群に出会うことになる。『エリアンの手記』、『ジロさんの憂鬱』などの印象的なタイトル、 その戯曲たちにはすべて奇妙なことに、実際に起きた事件の副題がつけられていた。憑かれたように読んだ。 事件を描くのだけど、事件そのものが描いてあるのではなかった。その戯曲には、関係に軋む生々しい人間の姿があった。 生きるためにもがく人間の姿があった。家族の姿があった。隣人の姿があった。親子の姿があった。 今、再度、山崎さんの戯曲を読む。いつの時代も変わらない、矛盾を抱え身体が引き裂かれた普遍的な人間像に涙が流れる。 戯曲世界を忠実に再現したい。
 
中村賢司

その他注意事項 ※小学校低学年以下のお子様のご入場はご遠慮ください。
★シアタートーク/ゲスト:山崎哲(新転位・21)
スタッフ

[情報提供] 2010/02/08 11:11 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/02/08 11:13 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大