彩の国さいたま芸術劇場

彩の国さいたま芸術劇場 大ホール(埼玉県)

2010/04/15 (木) ~ 2010/04/17 (土) 公演終了

上演時間:

1997年、『ジーナ』『アナフェイズ(細胞分裂)』で衝撃の初来日を果たしたバットシェバ舞踊団が、13年ぶりに彩の国さいたま芸術劇場に登場。低音の男声による呪術的音楽が流れる中、ダンサーたちは絶えず変化しながら踊り続ける。シャープでダイナミックなそのダンスは、あたかも動きという言語が人から人へと...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/04/15 (木) ~ 2010/04/17 (土)
劇場 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
出演 バットシェバ舞踊団
演出 オハッド・ナハリン
振付 オハッド・ナハリン
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 6,000円
【発売日】2010/01/30
【一般】S席6,000円 A席4,000円 学生A席3,000円
【メンバーズ】S席5,400円 A席3,600円
サイト

http://www.saf.or.jp/arthall/event/event_detail/2010/d0415.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 1997年、『ジーナ』『アナフェイズ(細胞分裂)』で衝撃の初来日を果たしたバットシェバ舞踊団が、13年ぶりに彩の国さいたま芸術劇場に登場。低音の男声による呪術的音楽が流れる中、ダンサーたちは絶えず変化しながら踊り続ける。シャープでダイナミックなそのダンスは、あたかも動きという言語が人から人へと伝播してくかのようだ。我々はそこに人間の、文明の、ダンスの原点を見出すのだ。
ワラットの音楽は、多様な文化に反響しながら、不可能と思われるミックスを生み出す。
この音楽は、いかなる民族にも属していない民族音楽のように聞こえるが、それは、彼が舞台上のダンサーと共有する、個人的な言語なのである。
『MAX』は、絶え間ない変化であり動きである。そこは、声と身体の領域が時空間でつながる深求地帯である。
『MAX』は、あなたをその瞬間に巻き込み、あなた自身の作品を創造させる、一つのとめどない流れなのである。

――芸術監督かつ振付家のオハッド・ナハリンによる、人間の身体を操作する新たな方法への壮大な探求が、この素晴らしい作品の創作への動機付けとなった。生じた結果は、衝撃的である。バットシェバのダンサー達は、見事な技術と奥深さを舞台上にもたらす、世界でも最高レベルのダンサーなのだ。
ジョーダン・ベス・ヴィンセント(評論家)
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2010/02/05 02:52 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/04/19 22:54 by mattun

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

mattun

mattun(2)

オハッド・ナハリン来日しています!連日、愛知やさいたま...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大