新国立劇場

新国立劇場 オペラ劇場(東京都)

2010/11/12 (金) ~ 2010/11/24 (水) 公演終了

休演日:11/13,14,16,17,19,20,22,23

上演時間:

1789年のパリ郊外。コワニー伯爵邸の夜会で、伯爵令嬢マッダレーナは無口な詩人シェニエ
が披露した愛の崇高さと憂国の情を情熱的に歌った即興詩に感動する。一方、マッダレーナ
に思いを寄せる伯爵家の従僕ジェラールもシェニエの詩に感動し、階級社会への不満を爆発
させて伯爵家を飛び出す。5...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/11/12 (金) ~ 2010/11/24 (水)
劇場 新国立劇場 オペラ劇場
出演 ミハイル・アガフォノフ、ノルマ・ファンティーニ、アルベルト・ガザーレ、ほか
作曲 ウンベルト・ジョルダーノ
演出 フィリップ・アルロー
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 21,000円
【発売日】2010/06/19
S:21,000円・A:15,750円・B:10,500円・C:6,300円・D:3,150円・Z:1,500円
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/opera/20000332_opera.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 1789年のパリ郊外。コワニー伯爵邸の夜会で、伯爵令嬢マッダレーナは無口な詩人シェニエ
が披露した愛の崇高さと憂国の情を情熱的に歌った即興詩に感動する。一方、マッダレーナ
に思いを寄せる伯爵家の従僕ジェラールもシェニエの詩に感動し、階級社会への不満を爆発
させて伯爵家を飛び出す。5年後、ジェラールは革命政府の高官に昇りつめている。マッダ
レーナは侍女のベルシと共に零落し、革命政府に批判的なシェニエは密偵に狙われている。
二人は監視の目をくぐりぬけて再会し愛を確かめ合うが、マッダレーナを探すジェラールに
よってシェニエは捕らえられ革命裁判にかけられる。マッダレーナはジェラールにシェニエ
の助命を懇願。ジェラールは自分の横恋慕を恥じ、シェニエの弁護に回るが受け入れられず
死刑判決が下る。ジェラールの計らいでマッダレーナは女死刑囚の身代わりとなってシェニ
エが囚われている監獄へ入る。再会を歓ぶ二人は、永遠の愛を誓いながら断頭台へ運ばれて
いく。

その他注意事項 未就学児童入場不可。
スタッフ 【指 揮】フレデリック・シャスラン
【演出・美術・照明】フィリップ・アルロー
【衣 裳】アンドレア・ウーマン

[情報提供] 2010/02/01 09:22 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/02/01 09:24 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大