オペラ

新国立劇場

新国立劇場 オペラ劇場(東京都)

2010/10/02 (土) ~ 2010/10/17 (日) 公演終了

休演日:10/3,4,6,7,9,10,12,13,1516

上演時間:

新国立劇場が新芸術監督のもとシーズン開幕公演として上演するのは、指揮者としても名高く、数々の名作オペラを世に遺したリヒャルト・シュトラウス『アラベッラ』です。『ばらの騎士』や『サロメ』が一般的には有名ですが、この作品の素晴らしさは、主役から脇役に至るまで、音の中にきめ細やかに込められた心情描写...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/10/02 (土) ~ 2010/10/17 (日)
劇場 新国立劇場 オペラ劇場
出演 妻屋秀和、竹本節子、ミヒャエラ・カウネ、アグネーテ・ムンク・ラスムッセン、トーマス・ヨハネス・マイヤー、ほか
作曲 リヒャルト・シュトラウス
演出 フィリップ・アルロー
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 26,250円
【発売日】2010/06/05
S席:26250/A席:21000/B席:14700/C席:8400/D席:5250/Z席:1500
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/opera/20000330_opera.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 新国立劇場が新芸術監督のもとシーズン開幕公演として上演するのは、指揮者としても名高く、数々の名作オペラを世に遺したリヒャルト・シュトラウス『アラベッラ』です。『ばらの騎士』や『サロメ』が一般的には有名ですが、この作品の素晴らしさは、主役から脇役に至るまで、音の中にきめ細やかに込められた心情描写にあるといえます。ウィーンを舞台に繰り広げられるこの恋愛物語は音楽的に超絶技巧を要すため、歌手は演技、歌唱ともに高いテクニックを求められます。色彩豊かなオーケストラにも期待が高まります。
ウィーンで『アラベッラ』と言えば、必ず笑顔がこぼれる作品。どうぞご期待ください。
その他注意事項 未就学児童入場不可。
スタッフ 【指 揮】ウルフ・シルマー
【演出・美術・照明】フィリップ・アルロー
【衣 裳】森 英恵

[情報提供] 2010/02/01 09:02 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/07/18 16:23 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大