演劇

劇団リベラトリックス

小劇場てあとるらぽう(東京都)

2009/12/04 (金) ~ 2009/12/06 (日) 公演終了

上演時間:

今よりちょっと先の話をしよう。
 
どれくらい「ちょっと先」かというと、
人類が太陽系に広がっていた、それくらい先。
火星に住み着き、
小惑星帯にステーションをたくさん造って住み着き、
木星の主な四つの衛星にも住み着き、
はては土星のタイタンにまで移り住んだ、そんな時代。
 
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/12/04 (金) ~ 2009/12/06 (日)
劇場 小劇場てあとるらぽう
出演 内村智征、岡武徳、影山美香、北村萌、久我まみ、春賀仁里、山崎ヒロミ、伊藤陽、齋藤優、南壮彦、鹿島樹(森羅演劇空間)
脚本 齊藤寮
演出 齊藤寮
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 4,000円
【発売日】
前売・当日2500円
ペアチケット4000円
サイト

http://liberatrix.web.fc2.com/2.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 今よりちょっと先の話をしよう。
 
どれくらい「ちょっと先」かというと、
人類が太陽系に広がっていた、それくらい先。
火星に住み着き、
小惑星帯にステーションをたくさん造って住み着き、
木星の主な四つの衛星にも住み着き、
はては土星のタイタンにまで移り住んだ、そんな時代。
 
この時、地球はどうだったのか?
もう地球に人は住んでいなかった。
もっとはっきり言うと、地球はもう、なかった。
もともと汚染と破壊が進んでいた地球だが、
ある日、フィルグナー災害と呼ばれた大事故により、
地球は壊滅し、今そこにあるのは、
真っ白いボールのような星だった。
青い惑星は、伝説になってしまった訳だ。
 
それでも散らばった人類は、どうにかこうにかやっている。
 
これから語られるのは、そんな時代のお話のひとつ。
登場するのはダイバーと呼ばれる、電脳空間を駆け巡る人々。
二人のダイバーが、とある調査を頼まれた。
一人は新人、一人は泥棒。
二人が向かうは、打ち捨てられたステーション。
そこに潜むは魑魅魍魎。
その向こうには何があるのか。
一組の男女の会話があった。
 
ステーションの名は、ギリシャ神話の地獄と同じ。
 
汝の名は、タルタロス。
その他注意事項
スタッフ 舞台美術:米野組
照明:長澤 宏朗(米野組)
音響:下田 雅博
音プラン:影山 美香
衣装:瀧子
広報:北村 萌
宣伝美術:前山 仁里
イラスト:斉藤 映
制作協力:Karte

[情報提供] 2010/01/29 15:25 by くが

[最終更新] 2010/01/29 15:54 by くが

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

さとり

さとり(0)

役者と宣伝美術をやっています。

くが

くが(1)

役者として出ました。衣装を担当させていただきました。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大