ミュージカル

第7回杉並演劇祭参加作品 劇団天才ホテル本公演

ミュージカル「蟻と僕」

デザイン:粒太郎

0 お気に入りチラシにする

ミュージカル

第7回杉並演劇祭参加作品 劇団天才ホテル本公演

ミュージカル「蟻と僕」

劇団天才ホテル

ザムザ阿佐谷(東京都)

2010/03/12 (金) ~ 2010/03/14 (日) 公演終了

上演時間:

インドの貧しい村で最下層カーストとして生まれた女性、プーラン。
10歳か11歳で30過ぎのやもめと結婚させられ、虐待の末に婚家を追い出された彼女を待ち受けていたのは、村八分、両親の前での集団レイプ、盗みの濡れ衣、警察による暴行など、いわれのない虐待の数々だった。
そしてついには盗賊に誘...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/03/12 (金) ~ 2010/03/14 (日)
劇場 ザムザ阿佐谷
出演 麗泉、島田洋子、伊藤謙吉、小林篤、鈴音彩子、古賀テンマ、碓井英司、KEIJI、アサカ
作曲 橋本剛
脚本 藤澤智恵子
演出 佐藤智恵
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 3,800円
【発売日】2010/01/26
前売り3500円・前売り3800円
全席自由席
サイト

http://www.geocities.jp/tensaihotel/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 インドの貧しい村で最下層カーストとして生まれた女性、プーラン。
10歳か11歳で30過ぎのやもめと結婚させられ、虐待の末に婚家を追い出された彼女を待ち受けていたのは、村八分、両親の前での集団レイプ、盗みの濡れ衣、警察による暴行など、いわれのない虐待の数々だった。
そしてついには盗賊に誘拐される。しかし彼女の運命はここで大きく変わっていくのだった。

カーストの最下層・・・その階級に生まれた男は犬と呼ばれ、女は犬にも値しない、いつでも無意識に踏み潰される蟻だった。
彼女が蟻だとしたら、蟻と僕の違いはなんだろうか?

インドのカースト最下層に生まれ、悲しい運命を背負って生きた一人の女性の半生を描いたミュージカル。
その他注意事項
スタッフ 【音楽監督】 橋本 剛
【照明】 木村 敦則
【音響】 富山 那津子・吉田 望 (ORANGE COYOTE)
【美術】 稲田 美智子
【演奏】 尾沢 瑞樹

[情報提供] 2010/01/29 01:17 by Reisen

[最終更新] 2010/03/23 18:14 by Reisen

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー5

こすず

こすず(15)

出演しております。

kk

kk(0)

劇団員です★

小林

小林(0)

代表です。出演もしています。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大