弾丸MAMAER

なかのZERO(東京都)

2010/03/03 (水) ~ 2010/03/07 (日) 公演終了

上演時間:

淑やかに執り行われるはずだった、文筆家である父親の御通夜、当日。
哀悼する親族の前に突如現れたのは、父親が自らの不義を題材にした小説に登場する、愛人と隠し子であった。墓場入り寸前だった実情を巡って、次々と暴かれていく父親の本性と秘密。やり場のない怒りに支配されていく母親と、愕然とする息子たち...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/03/03 (水) ~ 2010/03/07 (日)
劇場 なかのZERO
出演 山口晶由、中村哲人、田仲晶、安藤純、染谷恵子、木村慎一、川崎清美、沢樹くるみ、坂田久美子(J.CLIP)、土田卓、大曽根徹、宮下千恵、丹羽隆博(劇団バッコスの祭)、榎本舞、近藤哲也(株式会社スターズ)、小多田直樹(演劇集団キャラメルボックス)、瀬川新一
脚本 竹重洋平
演出 竹重洋平
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,500円
【発売日】2010/01/06
前売:3,500円
当日:3,800円
学生:3,000円(劇団扱いのみ/要・学生証提示)
リピーター:2,000円(劇団扱いのみ)
サイト

http://www.dangan-mamaer.com/next/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 淑やかに執り行われるはずだった、文筆家である父親の御通夜、当日。
哀悼する親族の前に突如現れたのは、父親が自らの不義を題材にした小説に登場する、愛人と隠し子であった。墓場入り寸前だった実情を巡って、次々と暴かれていく父親の本性と秘密。やり場のない怒りに支配されていく母親と、愕然とする息子たちであったが、招かれざる弔問客は他にも現われ・・・。
修羅場と化していくセレモニーホールを舞台に、錯綜する愛憎関係とシニカルな人間模様を描いた、弾丸MAMAER最初の一幕劇。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2010/01/28 09:50 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/02/11 01:26 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大