演劇

レッド・フェイスプロデュース 第20回公演

爾汝の社 再来

THE REDFACE

d-倉庫(東京都)

2010/01/20 (水) ~ 2010/01/26 (火) 公演終了

上演時間:

それは哀しみを
笑顔で飾った
遊女たちの物語


■ストーリー
極貧の農家に育った十三歳の少女「光子」は、ある雪の日、吉原・羅生門に捨てられていた。
たまたま通りかかった心優しい遊女「ヒバリ」
に連れられて、廓・玖瑠璃楼での新しい生活が始まった。
廓のカカサマに与えられた...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/01/20 (水) ~ 2010/01/26 (火)
劇場 d-倉庫
出演 榊原利彦、窪田あつこ(花歌マジックトラベラー)、那珂村タカコ(ヘロヘロQカムパニー)、南口奈々絵(劇団ショーマ)、古川九一
脚本 さいそんりこ
演出 榊原利彦
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 12,300円
【発売日】
前 売:¥4,200
男 女 両 組 観 劇
二公演:¥8,200
男・女・シャッフル観劇
三公演¥12,300
当 日:¥4,500
学 生:¥2,000
(学生証をお持ちください)
BLUE☆LION会員
   :¥4,000
小学生:¥1,000

※レッドフェイス・サポーターは
前売、当日、同料金です
ポイントカードをお持ち下さい
※榊原利彦ファンクラブ
BLUE☆LION会員は
当日でも会員価格になります
会員証をお持ち下さい
※チケット完売の場合は
当日券の発売はなくなります
ご了承下さい
サイト

http://www.sakaki-net.com/stage/201001jijonoyashiro_m.htm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 それは哀しみを
笑顔で飾った
遊女たちの物語


■ストーリー
極貧の農家に育った十三歳の少女「光子」は、ある雪の日、吉原・羅生門に捨てられていた。
たまたま通りかかった心優しい遊女「ヒバリ」
に連れられて、廓・玖瑠璃楼での新しい生活が始まった。
廓のカカサマに与えられた新しい名は「モズ」。遊郭での暮らしは、毎日が驚きの連続で、「今日さえ生き延びられればいい」ただ、そう思って生きてきた光子の心は、モズになったその日から徐々に変化していく。
遊女たちとの日常や、その中での悲しい別れを通して廓の中で、徐々に「自分の生きる意味」を考えだすモズ。
・・・安心にまもられながらも、制限される廓での暮らしの中で、生まれて初めて自分と、その人生に向き合うのだった。
すべてが順調に日々が過ぎて行くかに思えた。
・・・しかし、モズの人生には、思いもよらぬ結末が待っていた。

■解説
「爾汝の社」のテーマは、ずばり「生きる」です。劇団レッド・フェイスが時代劇に初挑戦した作品の再来とあいなりました。
レッド・フェイスが創る時代劇ですので、かなり勝手にデフォルメされて、おきゃんな時代劇になっております。
また、男組と女組に別れ、ダブルキャストで一つの作品をご覧いただけます。
「絶世の美女になれるか不安」の男組と「そんなやつらには負けられない」と牙をむく女組の直接対決です。二本とも、ご覧いただくと四倍は楽しんでいただけると自負しております。
この作品は、若くして亡くなった、わたしたちの友人、新宿二丁目の「はやとさん」と「みっちゃん」へのオマージュです。
東京に出てきた昔々、やさしい二人に出会い、そして、三年前突然の二人との別れを通して、私自身も「生きる」ことを考え直しました。そして、二人がこの「爾汝の社」を書かせてくれました。とても愉しく、そして、憂いのある作品に仕上がりました。
どうぞ、お楽しみに。

上演時間 約100分
その他注意事項 【男組】は男性キャストのみ、【女組】は女性キャストのみの上演になります。
【シャッフル】は、男組・女組のキャスト混合です。
※開場は30分前になります
スタッフ

[情報提供] 2010/01/22 10:27 by じべ。

[最終更新] 2010/05/11 13:06 by じべ。

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大