演劇

八月、鳩は還るか

「漂白の家」シリーズ総集編

烏丸ストロークロック

アトリエ劇研(京都府)

2010/03/05 (金) ~ 2010/03/14 (日) 公演終了

休演日:3月10日(水)

上演時間:

2005 年。上演時間たった15分の『メモ』と題された無言劇からはじまった烏丸ストロークロックの『漂泊の家』シリーズ。
宿命的な孤独にさいなまれながら、家族を求め、さまよい続ける岡田ケンの半生を、2007年に第1話『白波荘をめぐる半年』、2008年には第2話『六川の兄妹』を十数回の試演会と共...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/03/05 (金) ~ 2010/03/14 (日)
劇場 アトリエ劇研
出演 阪本麻紀、片山奈津子、浅井浩介、犬飼勝哉、内田和成(e-dance)、大村史子(劇団ひまわり)、斉木りさ、崎田ゆかり(第三劇場)、高橋志保、辻智之、中川裕貴(N.O.N、swimm)、中嶋やすき(劇研シニア劇団)、長田美穂、新田あけみ、長谷川直紀、松本S一、安田一平(ニットキャップシアター)、山邉明日香
脚本 柳沼昭徳
演出 柳沼昭徳
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,000円
【発売日】2010/01/09
一般2,500円、学生2,000円(要学生証)
※当日券はそれぞれ500円増し
※3/4(木)17時にプレジュー公演あり=1,000円/劇団に要予約
サイト

http://www.karasuma69.org/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 2005 年。上演時間たった15分の『メモ』と題された無言劇からはじまった烏丸ストロークロックの『漂泊の家』シリーズ。
宿命的な孤独にさいなまれながら、家族を求め、さまよい続ける岡田ケンの半生を、2007年に第1話『白波荘をめぐる半年』、2008年には第2話『六川の兄妹』を十数回の試演会と共に上演してきました。そして2010年。
今作ではこれまでのエピソードの再構成をおりまぜながら、漂泊し続けたケンの「ひとつの終わり」を描きます。不変の「帰る場所」である「家」。ケンが行き着く家はいずこに?
烏丸ストロークロックが5年間をかけて紡ぎだした物語が、ようやく一つの終幕を迎えます。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2010/01/07 17:13 by キウイ

[最終更新] 2010/03/14 20:21 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー5

makinrock

makinrock(0)

烏丸ストロークロックのメンバー、阪本麻紀と申します。 ...

karasuma_y

karasuma_y(0)

劇作・演出をしています。 総集話ということもあって、...

hongo

hongo(0)

制作

公演制作です。 長い時間をかけて紡いで来た作品の、ひ...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大