演劇

十月花形新派公演

滝の白糸

松竹

三越劇場(東京都)

2010/10/07 (木) ~ 2010/10/26 (火) 公演終了

上演時間:

明治の初め、北陸一円。

滝の白糸(市川春猿)は、口上の春平やその女房で三味線弾きのお辰(市川笑三郎)、弟子の桔梗(瀬戸摩純)らと共に水芸一座の太夫として絶大な人気を誇っていたが、商売敵である南京出刃打の寅吉一座とことごとく対立していた。

ある日二人は人力車と馬車で争ったが、白糸の乗...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/10/07 (木) ~ 2010/10/26 (火)
劇場 三越劇場
出演 市川春猿、井上恭太、市川猿弥、市川笑三郎、瀬戸摩純
脚本 高田保
演出 成瀬芳一
料金(1枚あたり) 8,000円 ~ 8,000円
【発売日】2010/08/31
全席指定:8,000円
サイト

http://www.shochiku.co.jp/play/others/101007/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 明治の初め、北陸一円。

滝の白糸(市川春猿)は、口上の春平やその女房で三味線弾きのお辰(市川笑三郎)、弟子の桔梗(瀬戸摩純)らと共に水芸一座の太夫として絶大な人気を誇っていたが、商売敵である南京出刃打の寅吉一座とことごとく対立していた。

ある日二人は人力車と馬車で争ったが、白糸の乗った馬車は途中で故障。しかし寅吉(市川猿弥)の人力車が馬車を追い抜くと同時に白糸を抱いて馬に乗り、まんまと寅吉を見返したのが客馬車で生計を立てていた村越欣弥(井上恭太)であった。

欣弥が忘れられない白糸は、金沢の卯辰橋で再会した時に、法律を学びたいという彼の思いを知って学費の仕送りを申し出る。一度は断る欣弥だったが、白糸の熱意に負けて有難く仕送りを受けることに決める。すぐさま東京へ旅立つ欣弥と彼を見送る白糸。二人にとって束の間の幸せな時であった…。
その他注意事項
スタッフ 原作:泉鏡花
脚本:高田保
補綴・演出:成瀬芳一

[情報提供] 2010/01/03 21:32 by 華崎

[最終更新] 2010/10/26 09:09 by 華崎

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大