劇団再生

Asagaya / Loft A(東京都)

2010/03/26 (金) ~ 2010/03/27 (土) 公演終了

上演時間:

ぼくたちの体内には強力なエンジンが搭載されている
圧倒的な言葉の魔力
エンジンを始動させるのはその言葉の血であり、肉であり、盲目の淋しさだ。

航空小体を指揮する彼は呟く。「静かに夜がくる。さあ、帰ろう」
新型エンジンを設計する彼は呟く。「俺のゼロ戦は、どこまでも飛ぶんだ」
限界高...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画1

すべて見る

ぼくたちの体内には強力なエンジンが搭載されている
圧倒的な言葉の魔力
エンジンを始動させるのはその言葉の血であり、肉であり、盲目の淋しさだ

航空小体を指揮する彼は呟く「静かに夜がくる。さあ、帰ろう」
新型エンジンを設計する彼は呟く「俺のゼロ戦は、どこまでも飛ぶんだ」
限界高度を超えて飛ぶ彼は呟く「ぼくは、空で生まれて、空で」
壊れた操縦桿を握る彼は呟く「見ろ。あれが月ってやつだ」

一滴、また一滴と、静かに言葉を零しながら、イカロスの翼に演劇機関を証明する
演劇をここまで堕落させたのは誰だ
演劇をこれほど悲しくさせたのだ誰だ

閉ざされた航空基地。盲目の青春物語
言葉の死骸の上にぼくたちは横たわる

公演詳細

期間 2010/03/26 (金) ~ 2010/03/27 (土)
劇場 Asagaya / Loft A
出演 磯崎いなほ、鶴見直斗、田中惠子、あべあゆみ、宮永歩実
脚本 高木尋士
演出 高木尋士
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 2,500円
【発売日】2009/12/23
1ドリンク付・追加オーダーは別途
サイト

http://www.engeki.ne.jp/saisei/archive/20100326/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ぼくたちの体内には強力なエンジンが搭載されている
圧倒的な言葉の魔力
エンジンを始動させるのはその言葉の血であり、肉であり、盲目の淋しさだ。

航空小体を指揮する彼は呟く。「静かに夜がくる。さあ、帰ろう」
新型エンジンを設計する彼は呟く。「俺のゼロ戦は、どこまでも飛ぶんだ」
限界高度を超えて飛ぶ彼は呟く。「ぼくは、空で生まれて、空で」
壊れた操縦桿を握る彼は呟く。「見ろ。あれが月ってやつだ」

一滴、また一滴と、静かに言葉を零しながら、イカロスの翼に演劇機関を証明する
演劇をここまで堕落させたのは誰だ
演劇をこれほど悲しくさせたのだ誰だ

閉ざされた航空基地。盲目の青春物語
言葉の死骸の上にぼくたちは横たわる
その他注意事項 ■第1部・プレトーク『読書の暮れ方』
【出演】鈴木邦男(一水会顧問)・高木尋士

■第2部・演劇『演劇機関説・空の篇』
脚本・演出/高木尋士
演出助手/市川未来
出演者/【劇団再生劇団員】
スタッフ 脚本・演出/高木尋士
演出助手/市川未来
照明/若林恒美
音響/大和二矢
ヘア&メイク協力/香春
撮影・記録/平早勉・吉野邦彦・ツカムラケイタ
制作/中田祐子・劇団再生・Asagaya/Loft A

[情報提供] 2009/12/23 12:40 by あゆみ

[最終更新] 2010/07/16 00:30 by あゆみ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー5

みらい

みらい(0)

劇団再生が提唱する「演劇機関」説・空の篇 です。 ...

こいけかなた

こいけかなた(0)

世界を裏返す 欲望は隠せない

鮎

(3)

私の皮膚という皮膚に空が張り付く 空は離れない 空...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大