演劇

劇団俳優座LABO 20周年記念

ゾンビな夜

劇団俳優座

劇団俳優座5F稽古場(東京都)

2010/02/14 (日) ~ 2010/02/21 (日) 公演終了

上演時間:

劇団俳優座は1991年、稽古場を利用した小劇場活動LABOを発足させた。新作旧作を問わず、内外の優れた作品の上演や、古典作品の見直し、そして何よりもこれからの演劇界を担う新しい劇作家を生み出すことを目標にしており、最近では新進の演出家にも場を提供してきた。
上演場所は原則として稽古場におく...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/02/14 (日) ~ 2010/02/21 (日)
劇場 劇団俳優座5F稽古場
出演 斎藤深雪、生原麻友美、志村史人、荒木真有美、小田知毅
脚本 石井貴久
演出 安藤勝也
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,500円
【発売日】2010/01/12
一般3500円、学生3000円(前売当日)全席指定・各税込
サイト

http://haiyuza.co.jp/info/labo.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 劇団俳優座は1991年、稽古場を利用した小劇場活動LABOを発足させた。新作旧作を問わず、内外の優れた作品の上演や、古典作品の見直し、そして何よりもこれからの演劇界を担う新しい劇作家を生み出すことを目標にしており、最近では新進の演出家にも場を提供してきた。
上演場所は原則として稽古場におく。演劇の原点に立ち返り、この制約された小空間を最大限に活かし、実験精神をもって挑戦している。「LABO」とは、実験室や研究所という意味を示す「laboratory」の略。

LABO発足20周年の第1弾公演となる「ゾンビな夜」は現代の人間社会の一面を、一組の家族を通じて、テンポの良いやりとりと言葉遊びが溢れるセリフでうまく表現した作品。1999年度文化庁舞台芸術創作奨励賞佳作に入選した力作だ。今回演出を手掛けるのは俳優座の若手演出家、安藤勝也。
「生きながら死んでいる」現代社会を鋭く描いたゾンビコメディーである。


【LABOブログ始動】 http://ameblo.jp/labo-zombie
その他注意事項
スタッフ ≪美術・衣裳≫佐々波雅子 ≪照明≫原雅 ≪音響≫木内拓 ≪舞台監督≫石井道隆 ≪制作≫LABO委員会

[情報提供] 2009/12/08 15:35 by 演劇制作部

[最終更新] 2010/07/03 16:37 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大