Bunkamura

Bunkamuraシアターコクーン(東京都)

他劇場あり:

2010/01/18 (月) ~ 2010/02/16 (火) 公演終了

休演日:1/20,27 2/3,10

上演時間:

本作は、前衛劇団<天井桟敷>を主宰、つねにそのジャンルを越えた「挑発行為」に生涯を燃やし続けたクロスオーバーの旗手であり、現在も尚、多方面に影響を与えている寺山修司が23歳の時分に初めて手掛けた戯曲である。「一本の木にも流れている血がある そこでは血は立ったまま眠っている」という自身の詩から生...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/01/18 (月) ~ 2010/02/16 (火)
劇場 Bunkamuraシアターコクーン
出演 森田剛、窪塚洋介、遠藤ミチロウ、金守珍、大石継太、柄本佑、冨岡弘、丸山智己、三谷昇、六平直政、寺島しのぶ、他
脚本 寺山修司
演出 蜷川幸雄
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 9,500円
【発売日】2009/11/29
S¥9,500 A¥7,500 コクーンシート¥5,000 (税込
サイト

http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/shosai_10_blood.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 本作は、前衛劇団<天井桟敷>を主宰、つねにそのジャンルを越えた「挑発行為」に生涯を燃やし続けたクロスオーバーの旗手であり、現在も尚、多方面に影響を与えている寺山修司が23歳の時分に初めて手掛けた戯曲である。「一本の木にも流れている血がある そこでは血は立ったまま眠っている」という自身の詩から生み出されたこの作品は安保闘争の時代背景を踏まえながらも、若者たちの憤りや葛藤が瑞々しく描かれた秀逸な青春劇である。孤独であるが故に兄弟のように身を寄せ合う若きテロリスト良(森田剛)と灰男(窪塚洋介)をはじめとする魅力的な登場人物の造形、スピーディーな物語展開と、時代を超え、アナーキーで猥雑な力を放つ。 この戯曲に、世界のニナガワと称されながらも常に〝挑戦者〟であり続ける蜷川幸雄が挑む!鮮烈で刺激的なキャストが集結―、疾走が始まる!!
その他注意事項 未就学児童入場不可.
スタッフ

[情報提供] 2009/11/13 16:10 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/01/06 17:22 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大