演劇

明治大学文化プロジェクト第6回公演

HAMLET

あれか?これか?

明治大学シェイクスピアプロジェクト

アカデミーホール(明治大学駿河台キャンパス)(東京都)

2009/11/12 (木) ~ 2009/11/15 (日) 公演終了

上演時間:

デンマーク王子ハムレットはドイツ留学中、父である先王ハムレット急死の知らせを受け、急遽帰国した。
しかし帰国してみると、そこでは母である王妃カートルードと父の弟クローディアスの婚礼が盛大に行われていた。
父の死と母の早すぎる結婚により、暗鬱な日々を送っていたハムレットはある夜、
先王の亡...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/11/12 (木) ~ 2009/11/15 (日)
劇場 アカデミーホール(明治大学駿河台キャンパス)
出演 鈴木由里、野上高弘、川名幸宏、西山智香、薄平広樹、松村浩史、加藤舞、丸山港都
脚本 ウィリアム・シェイクスピア(原作)、コラプターズ(翻訳)
演出 伊藤香津代
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】2009/09/24
平日9:30~19:30
問い合わせ電話
090-6316-7652
サイト

http://hamlet.bunpro.jp

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 デンマーク王子ハムレットはドイツ留学中、父である先王ハムレット急死の知らせを受け、急遽帰国した。
しかし帰国してみると、そこでは母である王妃カートルードと父の弟クローディアスの婚礼が盛大に行われていた。
父の死と母の早すぎる結婚により、暗鬱な日々を送っていたハムレットはある夜、
先王の亡霊から弟クローディアスに毒殺されたと知らされる。
ハムレットは亡霊の命令通り復讐を心に決め、
狂ったふりをして周囲を欺きながら復讐の機会をうかがうことにした。
そしてついにハムレットは先王殺害を暗示させる劇を上演することで、
王クローディアす先王を毒殺したという確信を得る。
しかしハムレットは王と誤って臣下ポローニアスを刺し殺してしまったことから、
危機感をかんじた王クローディアスにデンマークを追放、そして暗殺されそうになる。
一方で、父ポローニアスを愛する人に殺された恋人オフィーリアは悲しみのあまり狂乱し、
その兄レアティーズはハムレットへの復讐を固く誓うのだった。
様々な思惑が入り乱れたデンマークは一体どのような結末を迎えるのだろうか。
その他注意事項 Wキャストによる男女のハムレット、オフィーリア、ガートルード
スタッフ 監修:原田大二郎
舞台美術:林いずみ(夢工房)
舞台監督:竹内一貴/村信保
衣装デザイン:朝月真次郎
作曲・音楽監督:山本清香
ヴィオラ演奏:杉田恵理
ピアノ演奏:草冬香
フェンシング指導:明治大学フェンシング部
舞台効果技術:セイコーエプソン

[情報提供] 2009/11/09 21:24 by きゃる

[最終更新] 2009/11/16 02:23 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大