歌舞伎・伝統芸能

第一回満次郎の会

蝋燭能

能「邯鄲」傘の出

デザイン:東田幸治

0 お気に入りチラシにする

歌舞伎・伝統芸能

第一回満次郎の会

能「邯鄲」傘の出

蝋燭能

満次郎の会

宝生能楽堂(東京都)

2009/12/04 (金) ~ 2009/12/04 (金) 公演終了

上演時間:

人生について悩む蜀の国の青年盧生は、楚の国の羊飛山に住む知識人を訪ね、旅に出る。旅の途中、宿屋で不思議な夢を見るという「邯鄲の枕」で休むうち、皇帝にまでのぼりつめ栄耀栄華の夢を見るが、それは粟の飯が炊ける間の「一炊の夢」だった。
今回は「傘の出」という小書(能の特殊演出)により上演。
蝋燭...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/12/04 (金) ~ 2009/12/04 (金)
劇場 宝生能楽堂
出演 辰巳満次郎(シテ)、森常好(ワキ)、藤田六郎兵衛(笛)、柿原弘和(大鼓)、大倉源次郎(小鼓)、観世元伯(太鼓)
脚本 作者不詳
演出
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 8,000円
【発売日】2009/10/06
S席指定8000円 A席指定6000円 自由席5000円
学生自由席2000円
サイト

http://manjiro-nohgaku.com/manjironokai/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 人生について悩む蜀の国の青年盧生は、楚の国の羊飛山に住む知識人を訪ね、旅に出る。旅の途中、宿屋で不思議な夢を見るという「邯鄲の枕」で休むうち、皇帝にまでのぼりつめ栄耀栄華の夢を見るが、それは粟の飯が炊ける間の「一炊の夢」だった。
今回は「傘の出」という小書(能の特殊演出)により上演。
蝋燭の灯を照明とし、幽玄味あふれる世界を演出。
能楽堂のロビーもアート空間として演出し、雰囲気を盛り上げるという。
その他注意事項 「邯鄲」の前に増田正造よる解説あり。ほかに観世宗家、宝生宗家らによる仕舞、近藤乾之助らによる一調「三井寺」、野村萬らによる狂言「栗焼」を上演。
スタッフ 制作統括 辰巳満次郎

展示物制作 西田眞理(書)/久渡かおる(日本刺繍)

美術デザイン 道勧英樹

WEB・宣伝美術 東田幸治

[情報提供] 2009/11/02 13:45 by きゃる

[最終更新] 2009/12/09 10:08 by きゃる

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大