劇団四季

自由劇場(東京都)

他劇場あり:

2007/05/22 (火) ~ 2007/06/21 (木) 公演終了

休演日:月曜休演 6/12、19(火)休演

上演時間:

○月×日未明より現在、アメリカ大使館(東京・港区)近くのホテル・ハイクラスに、ライフルを持った男が人質をとって立てこもっている。男の名前は村木明男。人質はホテル宿泊客の男女あわせて12名とみられる。警視庁は捜査本部を設置した(捜査本部長:瀬戸内刑事部長)。

捜査本部の発表によると、村木は...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/05/22 (火) ~ 2007/06/21 (木)
劇場 自由劇場
出演
脚本 福田恆存
演出 浅利慶太
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 7,500円
【発売日】2007/03/24
「四季の会」会員先行予約3/18(日)より

上演時間/約2時間35分(休憩を含む)

【会員料金】
S6,500円 A5,000円 スチューデントシート3,000円

【一般通常料金】
S7,500円 A5,000円 スチューデントシート3,000円

※上記の料金は消費税(5%)を含んでおります。
サイト

http://www.shiki.gr.jp/applause/wakatte/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ○月×日未明より現在、アメリカ大使館(東京・港区)近くのホテル・ハイクラスに、ライフルを持った男が人質をとって立てこもっている。男の名前は村木明男。人質はホテル宿泊客の男女あわせて12名とみられる。警視庁は捜査本部を設置した(捜査本部長:瀬戸内刑事部長)。

捜査本部の発表によると、村木は昨夜、東京・浅草橋交差点でトラック運転手を、上野駅前で自家用車の運転手を、それぞれ持っていたライフルで射殺。その後、盗んだジャガーでホテル・ハイクラスに乗りつけ、ホテル関係者を脅して最上級の部屋に陣取った模様。人質の中には、同フロアに宿泊中だったドイツ人家族も含まれているという。またその際、村木はダイナマイトが詰まったダンボール箱を部屋へと運び入れさせたと見られる。

現場は、東京・港区の閑静な高級住宅街。アメリカ大使館近くのホテルに大量のダイナマイトが持ち込まれているということで、政府関係者も昨夜から緊迫した動きを見せている。

村木の要求は以下のとおり。

自分が射殺したのは酔っ払い運転手。酔っ払い運転は殺人未遂と同様のため、自分の行為は社会的正当防衛である。この殺人の正当性を警察側が認めさえすれば直ちに人質を解放し、1週間のホテル暮らしの後、自ら武装解除し、潔く死んで謝罪する。
調べによると、村木明男は岩手県小浜生まれ。村木が5歳の時に父親が母親と母の愛人とその情婦を殺害し、孤児となった。その後、村の猟師に育てられた村木はライフルの辣腕を有しているが、前科者の息子ということでオリンピックの出場許可を得ることができなかったという経緯がある。

現在のところ、ときおり銃声は聞こえるものの、死傷者は出ていないもよう。捜査本部はひきつづき村木との交渉を続け、突入の機会をねらうものと思われる・・・

(この物語はフィクションです。)
その他注意事項
スタッフ 作=福田恆存
演出=浅利慶太

装置=土屋茂昭
照明=吉井澄雄
照明助手=紫藤正樹
衣裳=小林巨和

[情報提供] 2007/03/03 03:01 by こりっち管理人

[最終更新] 2012/04/14 12:25 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大