演劇

PEACHUM CLASSICS vol1:新劇団結成1発目は、怒涛の3ヶ月連続公演!

アルトゥロ・ウイの興隆―それは抑えることもできる―

デザイン:だり子

0 お気に入りチラシにする

演劇

PEACHUM CLASSICS vol1:新劇団結成1発目は、怒涛の3ヶ月連続公演!

アルトゥロ・ウイの興隆―それは抑えることもできる―

ピーチャム・カンパニー

シアターPOO(東京都)

2010/02/05 (金) ~ 2010/02/08 (月) 公演終了

上演時間:

【あらすじ】
不景気の嵐が吹き荒れるシカゴの町に現れた、鼻つまみ者のギャング、アルトゥロ・ウイ。公共事業をめぐる不正につけこんだ彼は、青果業界を利用してのしあがり、血で血を洗う抗争をくぐりぬけて、次第に名をあげてゆく……。
「世界一有名なギャング」の暗躍を描いた一大活劇。
ベルトルト・ブ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/02/05 (金) ~ 2010/02/08 (月)
劇場 シアターPOO
出演 堂下勝気、八重柏泰士、金崎敬江、岩崎雄大、熾田リカ、篠山俊(T1project)、松本力、平川直大、小長谷勝彦
脚本 原作/ベルトルト・ブレヒト、脚色/清末浩平
演出 川口典成
料金(1枚あたり) 2,300円 ~ 2,600円
【発売日】2010/01/04
前売券 2300円(チケット送料込み、振込手数料は別途ご負担いただきます)
当日券 2600円
peachum classics 3公演セット券 6000円
サイト

http://peachum.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 【あらすじ】
不景気の嵐が吹き荒れるシカゴの町に現れた、鼻つまみ者のギャング、アルトゥロ・ウイ。公共事業をめぐる不正につけこんだ彼は、青果業界を利用してのしあがり、血で血を洗う抗争をくぐりぬけて、次第に名をあげてゆく……。
「世界一有名なギャング」の暗躍を描いた一大活劇。
ベルトルト・ブレヒトの代表作のひとつを、大胆すぎるコンパクトさで現代の舞台に!

【2010年におけるブレヒト作品の上演に向けて】
新しく誕生した我々の劇団は、劇団名にブレヒトの劇中人物の名前を拝借したという経緯もあり、1発目の演目に『アルトゥロ・ウイの興隆―それは抑えることもできる―』という長ったらしい題名のブレヒト戯曲を選んだ。
ブレヒトの現代的上演は、難しい。ブレヒトが、演劇システムや現実の事件に敏感に反応しながら、的確に〈社会〉を描こうとした作家だからだろう。
『アルトゥロ・ウイ』という原作も、非常に小難しく、説教臭さを感じさせる戯曲かもしれない。しかし何度も読み返すと、ブレヒトの難解さの向こう側には、とても生々しい世界が広がっていることに気付く。そこは、ブレヒトが最大級の「愛情」と「怒り」をもって、社会システムと人間の退っ引きならない関係を描き出した〈叙事的世界〉である。
2010年2月、新宿の真ん中で上演する『アルトゥロ・ウイ』は、「本質認識のためのパロディ」劇である。軽快に、そして濃密に。目を背けてはならない「ギャング」劇をお見せしたい。
その他注意事項 演出の都合上、開演してしまいますと途中入場を大幅に制限させていただきます。お早めにご来場下さい。
スタッフ 美術/大泉七奈子
照明/須賀谷沙紀子
照明操作/小寺俊弘
演奏/村上裕
音響協力/岩橋真実
劇中歌作曲/ダニースミス・プロジェクト
衣裳協力/木村江梨子
装置/坂本遼
宣伝美術/だり子
フライヤー表面スチール/吉田欽也
プロデューサー/森澤友一朗
企画・製作/ピーチャム・カンパニー
協力/現代制作舎 T1 project 劇団世界劇場

[情報提供] 2009/10/18 22:47 by mk

[最終更新] 2014/07/04 20:51 by 雲雀亭

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー4

hiroe

hiroe(20)

役者・俳優 ダンサー 演出 演出助手 振付

地上3mmからだと、5回目の 川口典成演出に、今回は...

torikoshi_anx

torikoshi_anx(0)

演出のカワグチです。ブレヒト作品の魅力を、圧縮してお届...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大