演劇

第18回公演 十周年企画第1弾

カラスの歩く速さ

らくだ工務店

駅前劇場(東京都)

2010/04/20 (火) ~ 2010/04/27 (火) 公演終了

上演時間:

10年ほどまえ、僕は繁華街にいた。
全身黒づくめで金色に染めた髪を伸ばし、肩で風を切っていた。
午前1時に店に出勤して、客が帰るまで飲めない酒に付き合った。
店長に「飲めなきゃかぶれ、かぶれなきゃ脱げ」と言われた。
僕は服を脱いだ。ヘラヘラと笑いながら着ていた服を脱いだ。
ある日、客...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/04/20 (火) ~ 2010/04/27 (火)
劇場 駅前劇場
出演 林和義、古川悦史、草野とおる、山口森広、宇津井香織、笹峯愛、高嶋由奈、今村裕次郎、瓜田尚美、石曽根有也
脚本 石曽根有也
演出 石曽根有也
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 3,800円
【発売日】2010/03/01
前売:3.500円、当日:3.800円 (全席指定/税込)
サイト

http://www.rakuda-komuten.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 10年ほどまえ、僕は繁華街にいた。
全身黒づくめで金色に染めた髪を伸ばし、肩で風を切っていた。
午前1時に店に出勤して、客が帰るまで飲めない酒に付き合った。
店長に「飲めなきゃかぶれ、かぶれなきゃ脱げ」と言われた。
僕は服を脱いだ。ヘラヘラと笑いながら着ていた服を脱いだ。
ある日、客に呼び出されたホテルに行くと何故かムチがずらっと並んでいた。
時には意味も無く赤いベレー帽をかぶった大勢の黒人に追いかけられたりもした。
仕事帰りに立ち寄った10円でゲームをする喫茶店で包丁を振り回した人がいた。
目の前で、人が死んだ。
僕はいま、ほぼ実話の物語を書いている。

その他注意事項
スタッフ 舞台美術○福田暢秀[F.A.T STUDIO] 音響○田上篤志[atSound] 照明○山口久隆[S-B-S] 舞台監督○青木規雄 宣伝美術○石曽根有也 演出助手○高嶋伶奈 制作協力○Habanera 制作○山内三知・伊藤理絵 企画製作○らくだ工務店

[情報提供] 2009/10/16 01:22 by mk

[最終更新] 2010/04/26 09:51 by らくだ工務店

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

らくだ工務店

らくだ工務店(0)

制作です

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大