演劇

SPAC秋のシーズン2009<10月3日~12月20日>

夜叉ヶ池

SPAC・静岡県舞台芸術センター

静岡芸術劇場(静岡県)

2009/10/24 (土) ~ 2009/11/08 (日) 公演終了

上演時間:

嬉しいばかりが愛じゃない 哀しいばかりが恋じゃない
ちぎりを結んだふたりには 幸せばかりが華じゃない

永遠の時のなかに愛情を閉じ込めてしまいたい… そんな気持ちを感じたことはありますか? 『夜叉ヶ池』の二人のヒロイン百合と白雪姫は、立場は違えどもそんな思いを抱いていたかもしれません。宮...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/10/24 (土) ~ 2009/11/08 (日)
劇場 静岡芸術劇場
出演 三島景太、舘野百代、奥野晃士、永井健二、植田大介、仲谷智邦、たきいみき、布施安寿香、池田真紀子
脚本 泉鏡花
演出 宮城聰
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 7,000円
【発売日】2009/09/13
[一般大人]4,000円 [同伴チケット(2枚)]7,000円
[学割]大学生・専門学校生 2,000円/高校生以下 1,000円
サイト

http://www.spac.or.jp/09_autumn/yasha

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 嬉しいばかりが愛じゃない 哀しいばかりが恋じゃない
ちぎりを結んだふたりには 幸せばかりが華じゃない

永遠の時のなかに愛情を閉じ込めてしまいたい… そんな気持ちを感じたことはありますか? 『夜叉ヶ池』の二人のヒロイン百合と白雪姫は、立場は違えどもそんな思いを抱いていたかもしれません。宮城聰演出のSPAC版『夜叉ヶ池』は人間の愛情が永遠に迫ろうとする緊張感に溢れています。誰もがほしくてたまらない、けれど誰もそれを実現することができない、永遠の愛。愛のカタチは数あれど、こんなに純粋で甘美、かつ厳格な愛にはなかなかお目にかかれないでしょう。さあ、究極の愛のカタチに、そっと、触れてみてください。恋しいような懐かしいような愛しいような哀しいような、そんなドキドキを感じて、思わず恋がしたくなるかもしれません。

かつて村人たちは夜叉ヶ池の主・白雪姫と約束をした。それは日に三度必ず鐘をつくこと。それを破れば、村を大水で池の底に沈めてしまうという。東大生・萩原は民話の採集にたまたまこの村を訪れ、なりゆきで鐘つき役を引継ぐことになり、村娘の百合とともに暮らしていた。そこに萩原の大学時代の友人・山沢がやってくる。山沢が萩原を連れて帰ってしまうのではないか、と百合は気が気でない。一方、妖怪たちの世界も揺れていた。白雪姫が恋をしたのだ。その乱心を鎮めたのは人間・百合の子守歌だった… そんななか村では日照りが続いている。村人たちは百合を生贄にして雨乞いをしようと企む。萩原の留守を狙って百合をさらいにきた村人たちだったが…
その他注意事項
スタッフ 演出:宮城聰
作:泉鏡花
音楽:棚川寛子
出演:SAPC
三島景太、舘野百代、奥野晃士、永井健二、植田大介
仲谷智邦、たきいみき、布施安寿香、池田真紀子 ほか

[情報提供] 2009/08/30 19:50 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/12/31 09:55 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大