オペラ

2009/2010 Season Opera

W.A.モーツァルト/全2幕 【ドイツ語上演/字幕付】

オペラ

2009/2010 Season Opera

魔笛

W.A.モーツァルト/全2幕 【ドイツ語上演/字幕付】

新国立劇場

新国立劇場 オペラ劇場(東京都)

2009/10/29 (木) ~ 2009/11/03 (火) 公演終了

上演時間:

1998年5月新国立劇場初演。新国立劇場で絶大な人気を誇る本プロダクションが再演されます。ミヒャエル・ハンペの演出は流行に左右されないオーソドックスな手法。ザラストロ役の松位浩は2007年『さまよえるオランダ人』で力強い歌声を披露したドイツ在住の名歌手。夜の女王役には新鋭のコロラトゥーラ・ソプ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/10/29 (木) ~ 2009/11/03 (火)
劇場 新国立劇場 オペラ劇場
出演 松位浩、ステファノ・フェラーリ、萩原潤、大槻孝志、安井陽子、カミラ・ティリング、安藤赴美子、池田香織、清水華澄
作曲 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
演出 ミヒャエル・ハンペ
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 21,000円
【発売日】2009/07/18
S席:21,000円 A席:15,750円 B席:10,500円 C席:6,300円 D席:3,150円 Z席:1,500円
※高齢者割引、学生割引など、各種割引あり
サイト

http://www.atre.jp/09mateki/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 1998年5月新国立劇場初演。新国立劇場で絶大な人気を誇る本プロダクションが再演されます。ミヒャエル・ハンペの演出は流行に左右されないオーソドックスな手法。ザラストロ役の松位浩は2007年『さまよえるオランダ人』で力強い歌声を披露したドイツ在住の名歌手。夜の女王役には新鋭のコロラトゥーラ・ソプラノである安井陽子を抜擢。そして、タミーノ役はモーツァルトを得意のレパートリーとしているステファノ・フェラーリ、パミーナ役は、アメリカ、ヨーロッパの主要な劇場で華々しい活躍をしているカミラ・ティリングが出演。指揮者にはウィーンを中心に活躍するアルフレート・エシュヴェが初登場いたします。

*一部の広告に誤って「新制作」と表示いたしましたが、上記のとおりこの公演はレパートリー公演です。訂正してお詫び申し上げます。

【第1幕】エジプトの森。怪物に襲われた王子タミーノ(T)を三人の侍女が救う。鳥刺しパパゲーノ(Br)が現れ、タミーノにほらを吹くので侍女たちが罰を与える。夜の女王(S)はタミーノに、娘のパミーナ(S)をザラストロ(B)の悪の手から救出して下さいと頼む。王子は魔法の笛を手にし、鳥刺しは不思議な鈴を貰う。ザラストロの城内で奴隷頭のモノスタトス(T)がパミーナに迫るが、入り込んだパパゲーノと鉢合わせして逃げる。鳥刺しはパミーナに「王子が救いに来る」と告げる。三人の童子が王子を導く。彼は森で弁者と遭遇、弁者の口から、悪者はザラストロではなく夜の女王と聞かされる。城を逃げ出したパパゲーノとパミーナを奴隷たちが追い詰めるが、鳥刺しが振る鈴の音に合わせてひとりでに踊りだす。現れたザラストロはパミーナを許し、モノスタトスに罰を与え、王子とパミーナに試練を受けさせようと宣言する。
【第2幕】ザラストロは僧侶たちと王子の処遇を協議する。タミーノは試練に臨み、パパゲーノも可愛い恋人が得られると聞いてその気になる。パミーナの寝室に忍び込んだモノスタトスを夜の女王が一喝、娘に剣を手渡して「ザラストロに復讐せよ」と迫る。王子たちの前に老婆が現れ、パパゲーノに呼びかけるが、雷鳴とともに消える。パミーナは沈黙の行を続ける王子に絶望する。鳥刺しは老婆の言にやけくそで愛を誓うが、彼女は突然パパゲーナ(S)に変身して走り去る。悲しみにくれるパミーナを童子たちが励ます。そしてパミーナは王子と共に水と火の試練に臨み、無事に耐え抜く。世をはかなむパパゲーノの前にパパゲーナが登場、二人は喜び合う。女王たちは復讐を叫ぶが、雷鳴の中、地底に沈む。ザラストロが王子とパミーナを祝福、歓びの合唱で幕となる。
その他注意事項
スタッフ 【指 揮】アルフレート・エシュヴェ
【演 出】ミヒャエル・ハンペ
【美術・衣裳】ヘニング・フォン・ギールケ
【照 明】高沢立生

【芸術監督】若杉 弘
【主 催】新国立劇場

【ザラストロ】松位 浩
【タミーノ】ステファノ・フェラーリ
【弁者】萩原 潤
【僧侶】大槻孝志
【夜の女王】安井陽子
【パミーナ】カミラ・ティリング
【侍女I】安藤赴美子
【侍女II】池田香織
【侍女III】清水華澄
【パパゲーナ】鵜木絵里
【パパゲーノ】マルクス・ブッター
【モノスタトス】高橋 淳
【武士I】成田勝美
【武士II】長谷川 顯

【合 唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京交響楽団

*やむを得ない事情により出演者等が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
公演中止の場合を除き、チケットの変更及び払い戻しはいたしません。

[情報提供] 2009/08/25 14:14 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/08/25 14:16 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大