演劇

飛ぶ劇場 vol.30

彼女のすき間

飛ぶ劇場

北九州芸術劇場 小劇場(福岡県)

2009/12/10 (木) ~ 2009/12/13 (日) 公演終了

上演時間:

歯科技工士のアキコは今年40歳になる。
公表できる恋人は…、居ない。
両親はとうに他界していて、同居していたこの家は彼女のモノである。
貯金もあるし、今の仕事を続けてさえいれば、1人生きていく事は可能だろう。
何も問題はない。
けれど、山の斜面に立つ、2階建てのこの家を彼女は嫌ってい...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/12/10 (木) ~ 2009/12/13 (日)
劇場 北九州芸術劇場 小劇場
出演 内山ナオミ、寺田剛史、藤尾加代子、鵜飼秋子、木村健二、葉山太司、加賀田浩二、大畑佳子、米倉沙衣子、上野詩織、中川裕可里、脇内圭介、有門正太郎
脚本 泊篤志
演出 泊篤志
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】2009/10/10
前売 一般 2800円
    学生 2000円
昼割り公演 2000円
*当日料金は前売料金のプラス200円
*昼割り公演は、金曜の14時公演のみです。
*日時指定、全席自由
サイト

http://www.tobugeki.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 歯科技工士のアキコは今年40歳になる。
公表できる恋人は…、居ない。
両親はとうに他界していて、同居していたこの家は彼女のモノである。
貯金もあるし、今の仕事を続けてさえいれば、1人生きていく事は可能だろう。
何も問題はない。
けれど、山の斜面に立つ、2階建てのこの家を彼女は嫌っていた。
交通の便は悪いし、夏は部屋に虫が出るし、冬にはすきま風が吹く古い家。
そんな古い邸宅の女王となった彼女は、好きなワインを舐めながらこの街を見下ろす。
頭をアルコールでヒタヒタにし、自分に降りかかった数々の災いを振り返る。
真夜中のアキコだけの幻想の時間が始まる・・・。

 ピンポーン、とインターホンが鳴った。
 誰だろう?こんな時間に・・・。

失敗した者どもがやってくる。
別れた夫も、手放した子供も、社会を転覆させようと目論む者も。
それは彼女の願望なのか、現実なのか、いまわの際の夢なのか。
その他注意事項
スタッフ 作・演出  泊篤志
美術    柴田隆弘
照明    乳原一美
音響    杉山聡
劇中歌   泊達夫
衣裳     内山ナオミ(工房MOMO)
舞台監督  森田正憲((株)エフジーエス)
宣伝美術  トミタユキコ(ecADHOC)
制作     藤原達郎、木村健二

[情報提供] 2009/08/21 23:49 by fujico

[最終更新] 2009/12/21 02:35 by fujico

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー7

ありかどしょーたろー

ありかどしょーたろー(0)

役者・俳優 脚本 演出 演出助手 舞台監督 制作

久しぶりの出演です、ぶっ壊します(笑)

塩少々

塩少々(0)

積み上げたものぶーっ壊してー 身に着けたもの取ーっ払...

フジワラ

フジワラ(0)

役者・俳優

制作です。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大