演劇

boku-makuhari Symposium

ねえ、ずっとおんなじ人間だったような気がしない?

演劇

boku-makuhari Symposium

スリープ・インサイダー(ありがとうございました!またいつか!)

ねえ、ずっとおんなじ人間だったような気がしない?

boku-makuhari

アトリエヘリコプター(東京都)

2010/03/26 (金) ~ 2010/03/31 (水) 公演終了

上演時間:

ものがたり
私とあなたと私の中のあなた、あるいは記憶された未来にまつわるお話。

第1話 「スリープ・インサイダー」
男は監禁されている。解放されるためには、体内時計だけを頼りに27日間正確に数える必要があるという。
男は失敗を何度も繰り返し、いつしか1000日以上を費やしていた――...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/03/26 (金) ~ 2010/03/31 (水)
劇場 アトリエヘリコプター
出演 奥田洋平(青年団)、青山麻紀子、佐藤幾優、高屋七海
脚本 岩崎裕司
演出 岩崎裕司
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 2,500円
【発売日】2010/02/21
予約2300円/当日2500円/学生割引1500円/リピーター割引あり【詳細は公演中に劇場にてご案内】
サイト

http://boku_makuhari.at.infoseek.co.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ものがたり
私とあなたと私の中のあなた、あるいは記憶された未来にまつわるお話。

第1話 「スリープ・インサイダー」
男は監禁されている。解放されるためには、体内時計だけを頼りに27日間正確に数える必要があるという。
男は失敗を何度も繰り返し、いつしか1000日以上を費やしていた――
男によれば今日は最後の一日。計ったかのように、一人の女がその部屋へ放り込まれた。

「ねえ、ずっとおんなじ人間だったような気がしない?」
そんなことを誰かが言う。

第2話 「哲人の丘」
荒野の丘の上に建つ小屋の中。
一人の男が俯せに倒れている。
その傍らに、片手にトンカチを握った女が座っている。
乾いた風がドアのない玄関から入ってきている。
その玄関に立って中を眺めている一人の男。リュックサックを背負っている。
男は行方不明になった友人を探していると告げる。
女は行方不明になった婚約者を探していると告げる。
俯せの男は口癖のように謝っている。

「神、さま、ですか?」
そんなことを誰かが言う。
その他注意事項 受付:開演の60分前 開場:開演の20分前
スタッフ 舞台美術:鈴木健介 照明:西本彩 

[情報提供] 2009/08/06 16:53 by boku-makuhari-Produce

[最終更新] 2010/04/08 19:23 by boku-makuhari-Produce

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

まちお

まちお(0)

メンバーです

みどり

みどり(2)

役者・俳優

メンバーです

boku-makuhari-Produce

boku-makuhari-Produce(0)

2010年3月。 boku-makuhariはbok...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大