ギンギラ太陽's

福岡市美術館(福岡県)

2009/08/11 (火) ~ 2009/08/16 (日) 公演終了

上演時間:

終戦の日をはさみ、福岡で製作されていた幻の戦闘機 「震電(しんでん)」の物語を再演します。美術館ギャラリーでは、震電プロジェクトで 制作した実物大の震電も同時展示。
「美術+演劇」で体験するコラボ企画です。

舞台は1945年、太平洋戦争末期の福岡。
局地戦闘機「震電」の開発が進...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/08/11 (火) ~ 2009/08/16 (日)
劇場 福岡市美術館
出演 大塚ムネト、立石義江、杉山英美、上田裕子、中村卓二、古賀今日子、中島荘太、林雄大、吉田淳、石丸明裕、新田玄、彰田新平
脚本 大塚ムネト
演出 大塚ムネト
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 2,800円
【発売日】2009/06/21
全席指定 前売り:2,500円 当日券:2,800円(税込)
会場:福岡市美術館講堂
サイト

http://www.gingira.com/event/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 終戦の日をはさみ、福岡で製作されていた幻の戦闘機 「震電(しんでん)」の物語を再演します。美術館ギャラリーでは、震電プロジェクトで 制作した実物大の震電も同時展示。
「美術+演劇」で体験するコラボ企画です。

舞台は1945年、太平洋戦争末期の福岡。
局地戦闘機「震電」の開発が進んでいた。完成すれば、本土防衛の切り札として空襲から人々を守るはずだったが・・・。
震電プロジェクトにおいて集まった資料、当時学徒動員で作業をしていた方のお話を元に、 幻の戦闘機「震電」の運命を舞台化。「翼をくださいっ!」の人気キャラ達が「あの夏の出来事」をモノ語ります。
その他注意事項
スタッフ 作・演出:大塚ムネト

[情報提供] 2009/07/20 21:31 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/08/31 18:00 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大