演劇

Rising Tiptoe #05

おしゃべり

コトバはココロ・・・

Rising Tiptoe

小劇場 楽園(東京都)

2009/08/12 (水) ~ 2009/08/16 (日) 公演終了

上演時間:

彼女は私の生徒で彼女の母は彼の先生で彼は彼の依頼で彼女らのもとへやってきて、
今日もあなたはお出かけみたい。

ー言葉の向こうのあなたと私が出会うまでの必要悪。



・・・・・・・
デビュー作『ディア アンジー』(06年3月)から早くも三年、満を持して下北沢本多グループ「小劇...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/08/12 (水) ~ 2009/08/16 (日)
劇場 小劇場 楽園
出演 安部康二郎、井ノ上羽菜(骨)、蛯原崇、大石将弘(皮)、今野太郎、世古恵佑(骨)、高野亜沙美(骨)、中村小麦、深野賢一、三澤可菜(皮)、森下庸之、矢追真寿美(皮)
脚本 宇吹萌
演出 宇吹萌
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,300円
【発売日】2009/07/13
前売券=3000円 当日券=3300円
*前売は、ご観劇前日の19時までにご連絡頂いたご予約分とさせて頂きます。
サイト

http://www.meiusui.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 彼女は私の生徒で彼女の母は彼の先生で彼は彼の依頼で彼女らのもとへやってきて、
今日もあなたはお出かけみたい。

ー言葉の向こうのあなたと私が出会うまでの必要悪。



・・・・・・・
デビュー作『ディア アンジー』(06年3月)から早くも三年、満を持して下北沢本多グループ「小劇場楽園」にて、新作『おしゃべり』を上演する運びとなりました。

本作は、学生時代に故・飯島愛氏とイベントに参加した経験のある宇吹が、当日の飯島氏から受けた印象、また自身も表舞台に立つことによって実感した孤立感をヒントに着想したダークコメディーです。
近年急増している若年層の孤独死を切り口に、技術革新に苛まれた現代のコミュニケーションの在り方を「言語」に焦点を当てて描きました。
不健全なコミュニケーション網から逃れることの出来ないごく普通の人々のごく普通の日常に潜む心理戦を、ユーモアを交えてテンポよくお届け致します。
タイムリーかつ普遍的なテーマが、Rising Tiptoeらしい音楽性の高い巧みなレトリックを駆使した不条理劇としてどのような作品世界に変貌するのか、暗喩に満ちた戯作に個性豊かな俳優陣がどう挑むのかにも、ご注目下さい。
その他注意事項 *一部ダブルキャストとなっております。
12日(水)19時=骨
13日(木)19時=皮
14日(金)14時=骨、19時(皮)
15日(土)14時=骨、19時(皮)
16日(日)13時=皮、18時(骨)

*開場後はご来場順にお入り頂きます。
*開演後のご入場は一時的に制限させて頂きます。
*未就学児童のご入場はお断りさせて頂きます。
スタッフ

[情報提供] 2009/07/15 11:57 by Rising Tiptoe

[最終更新] 2009/08/18 00:20 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

ガッキャマン

ガッキャマン(38)

舞監兼役者でかかわっています。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大