演劇

開館5周年記念展 「愛についての100の物語」

塩田千春+チェルフィッチュ「記憶の部屋について」

チェルフィッチュ

金沢21世紀美術館 (石川県)

2009/07/14 (火) ~ 2009/07/26 (日) 公演終了

休演日:7月20日(月・祝)のパフォーマンスはありません。

上演時間:

連日13:00から17:00までの間、緩慢に、間歇的に、パフォーマンスは行われます。それ以外の時間にやっている可能性もあります。しかし、このパフォーマンスには、それなりに壮大な物語性のあるテキストが用いられ、すべてを一日では上演しきれないでしょう。つまり、「それなりに壮大な物語」の通しは、一日...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/07/14 (火) ~ 2009/07/26 (日)
劇場 金沢21世紀美術館
出演 山縣太一、松村翔子、足立智充、安藤真理、青柳いずみ
脚本 岡田利規

演出 岡田利規

料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】
無料
※ただし「愛についての100の物語」のZone1または共通観覧券が必要です。
サイト

http://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=24&d=587

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 連日13:00から17:00までの間、緩慢に、間歇的に、パフォーマンスは行われます。それ以外の時間にやっている可能性もあります。しかし、このパフォーマンスには、それなりに壮大な物語性のあるテキストが用いられ、すべてを一日では上演しきれないでしょう。つまり、「それなりに壮大な物語」の通しは、一日ではわからないし、何日間どのようにすれば見られるのかもわからないし、二日間見ることで「通してみた」というものではないというようなパフォーマンスなのです。

お話は、シンプルな寓話みたいな感じ。おそらく、以下のようなもの。

ある町に一人の男(または女)がやってくる。
彼(彼女)はあてのない旅行者である。または、商用目的の出張で、この町を訪れた。
彼(彼女)はホテルに泊まる。町の中をさ迷う。
突然重い病に罹り、町の総合病院に入院することになるかもしれない。
彼(彼女)はある女(男)と出会い、やがて愛し合うようになるだろう。
もっとも、出会うだけかもしれない。 彼女(彼)もまた旅行者である。あるいは、この町の住人である。
町は、観光客を誘致するために、巨大なホテルを建造中である。
彼女(彼)は、自分がそのホテルで雇ってもらえることを、願っている。
巨大ホテルは、やがてその町のシンボルとなる。 町の外からそこを訪れるものにとって、魅力あるものとなるのだ。

岡田利規

◎塩田千春+岡田利規 ポストトーク
日時:7月24日(金)18:00〜19:00
会場:展示室6(zone1)
料金:無料 ※ただし「愛についての100の物語」のZone1または共通観覧券が必要です。
*事前予約はできません。混雑の状況によっては、安全を確保するためにご入室をお待ちいただく場合があります。
その他注意事項
スタッフ テキスト・演出:岡田利規
出演:チェルフィッチュ
山縣太一 / 松村翔子 / 足立智充 / 安藤真理 / 青柳いずみ

[情報提供] 2009/07/01 17:18 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/07/01 18:47 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大