演劇

アトリエセンターフォワード第2回公演

アラブルカゼニクツオトガタカナル

演劇

アトリエセンターフォワード第2回公演

一条家サロン

アラブルカゼニクツオトガタカナル

アトリエ・センターフォワード

シアター風姿花伝(東京都)

2009/07/23 (木) ~ 2009/07/29 (水) 公演終了

上演時間:

昭和10年末。
政商の父親を満州で亡くした三人姉妹は傷心を癒すべく東京の屋敷に。
だがそこは放蕩三昧の長男とその友人たちがタムロするサロンと化していた。
軍人も民間人も、はては屋敷の女中までが享楽をともにする一条家サロン。
軍国主義が高まるなか、人々はそれぞれに「痛み」を抱えながら、
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/07/23 (木) ~ 2009/07/29 (水)
劇場 シアター風姿花伝
出演 椿真由美、立原麻衣、佐藤麻衣子、原扶貴子、五十嵐明、井上裕朗、眞藤ヒロシ、高松潤、矢内文章、吉田智則
脚本 矢内文章
演出 矢内文章
料金(1枚あたり) 3,800円 ~
【発売日】2009/06/16
全席指定
前売3800円/当日4000円
サイト

http://www.centerfw.net

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 昭和10年末。
政商の父親を満州で亡くした三人姉妹は傷心を癒すべく東京の屋敷に。
だがそこは放蕩三昧の長男とその友人たちがタムロするサロンと化していた。
軍人も民間人も、はては屋敷の女中までが享楽をともにする一条家サロン。
軍国主義が高まるなか、人々はそれぞれに「痛み」を抱えながら、
必死で自らの未来を描こうとするが…。

アトリエ・センターフォワード第2回公演は、チェーホフを下地に
戦争前夜を懸命に生きた名もなき若者たちの群像劇。
その他注意事項
スタッフ 美術/宇野奈津子
照明/深瀬元喜 
音響/上野 雅 
舞台監督/鈴木晴香

[情報提供] 2009/06/11 12:26 by matsu34

[最終更新] 2009/07/23 11:19 by matsu34

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

サル

サル(0)

演出助手として。 骨太な作品。是非!

このページのQRコードです。

拡大