演劇

俳優座LABO 劇団俳優座創立65周年記念公演

犬目線 /握り締めて

劇団俳優座

劇団俳優座5F稽古場(東京都)

2009/08/30 (日) ~ 2009/09/06 (日) 公演終了

上演時間:

僕たちのちょっと駄目な部分と、
わかっていてもどうすることもできない部分について


自助グループのカウンセラーをしている小手鞠町子は、
古びた公営住宅の倉庫に住んでいる。
ひとり娘シュウの親権を元夫と争う中で行き場がなくなり、
仮の住まいとしているのだ。

ある日、シュウ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/08/30 (日) ~ 2009/09/06 (日)
劇場 劇団俳優座5F稽古場
出演 河内浩、渡辺聡、西川竜太郎、田中壮太郎、小飯塚貴世江、森尾舞、斉藤淳、脇田康弘、若井なおみ、林宏和、三浦英明、野々山貴之、安藤聡海、伊藤優介、福原まゆみ
脚本 スエヒロケイスケ(tsumazukinoishi)
演出 眞鍋卓嗣
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,500円
【発売日】2009/07/23
一般:3500円 学生:3000円
サイト

http://haiyuza.co.jp/info/labo.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 僕たちのちょっと駄目な部分と、
わかっていてもどうすることもできない部分について


自助グループのカウンセラーをしている小手鞠町子は、
古びた公営住宅の倉庫に住んでいる。
ひとり娘シュウの親権を元夫と争う中で行き場がなくなり、
仮の住まいとしているのだ。

ある日、シュウを訪ねて桃原硬太郎がやってくる。
桃原は小児性愛者で小児性犯罪の前科があり保護観察中であった。
近づくだけで罪になると分かっていながらもシュウへの想いを
絶ちきれないでいる桃原に対し、自称自警団や、
仕事そっちのけで趣味に走る管理人など、
どこか風変わりな住民たちは彼に冷たい視線を浴びせる。

唯一、桃原を理解しているのは恋人で警察官の北村悦成だ。
北村は桃原の気持ちが自分から離れて行くのを感じながらも、
桃原を犯罪者にしない為の説得を続ける。

夏の強い陽射しの中、エレベーターホールは暗い闇を作り出す。
太陽から逃げ込んできた人々は、ただただ弱い人間なのだろうか―。

その他注意事項 開場は開演30分前。演出の都合上、途中入場できない場合がございます。お早目にお越しください。

*劇団俳優座公式ブログ http://blog.livedoor.jp/haiyuza/
*劇団俳優座×tsumazuki no ishi 特別企画
 【tsumazuki no せっかくなんで、聞いてきました】
 http://tsumazukinosekkaku.blogspot.com/
スタッフ 美術    田中敏恵
照明    原雅
音響    木内拓
衣装    松本夏記 (ミシンロックス)
舞台監督 宮下卓
宣伝美術 武田英志 (hooop)
制作    ラボ制作委員会
       高橋かずえ 
       白鳥純一
協力    tsumazuki no ishi

[情報提供] 2009/06/07 01:54 by すいーと

[最終更新] 2009/09/09 11:23 by 演劇制作部

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

最新のトラックバック

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大