演劇

第2回本公演

原作:太宰治 走れメロス

太宰 治 走れメロス

デザイン:高橋裕樹

0 お気に入りチラシにする

演劇

第2回本公演

太宰 治 走れメロス

原作:太宰治 走れメロス

726

OFF OFFシアター(東京都)

2010/03/18 (木) ~ 2010/03/23 (火) 公演終了

上演時間:

【あらすじ】

メロスはいない。
身代りに親友の命を預けて妹の結婚式を挙げに行った。
もちろん3日後には戻って、親友を助け、死刑になる。
そういう約束。

帰りを待つ親友セリヌンティウスには弟子と恋人がいる。
そして、この約束を取り付けた国王には近臣と妾がいる。
それだけ。
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/03/18 (木) ~ 2010/03/23 (火)
劇場 OFF OFFシアター
出演 鬼塚俊秀、西地修哉、原田紀行(reset-N)、加治木均、永塚俊太郎(とくお組)、梅澤和美、大橋美紀(FuncAScamperS009)、照屋実
脚本 大塩哲史(北京蝶々)
演出 北澤秀人
料金(1枚あたり) 2,800円 ~ 3,000円
【発売日】2010/02/01
前売り2800円、学割2500円、当日3000円
※学割は当日要学生証
サイト

http://www.act726.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 【あらすじ】

メロスはいない。
身代りに親友の命を預けて妹の結婚式を挙げに行った。
もちろん3日後には戻って、親友を助け、死刑になる。
そういう約束。

帰りを待つ親友セリヌンティウスには弟子と恋人がいる。
そして、この約束を取り付けた国王には近臣と妾がいる。
それだけ。


726第2回本公演は寓話の中にいる、けれど本当に生きてる人間たちの物語。

なぜ今「走れメロス」なのか。
昨年の太宰治生誕100周年とは一切関係無く、
今このタイミングでしか作れないゴールを持った「走れメロス」がある。
そう思ったから決めました。

大切にお渡しします。
どうぞ劇場で見つけてみてください。
鬼塚 俊秀(726)

―――――――――――――――――――――――――――――――――

「走れメロス」は太宰治がシラーの詩「人質」に着想を得て執筆した作品です。
シラーは古きギリシアの伝承に因んで「人質」を執筆しました。
「走れメロス」はリレーのように、受け継がれてきた伝説なのです。

戯曲化にあたり、私は「走れメロス」の原点に立ち返りたいと思います。
一つだけ言っておきますと、メロスは登場しません。
原作ファンの方も、未読の方も楽しめる作品に仕上げるべく、
気合いを入れて取り組みます。

ご期待ください。
大塩哲史(北京蝶々)
その他注意事項 ※アフタートーク有り!
21日(日)/北澤秀人×大塩哲史(北京蝶々)×726
22日(月)/シークレットゲスト×726
スタッフ 【美術】トクマスヒロミ
【照明】橋野明智
【音響】天野高志
【舞台監督】中西隆雄
【宣伝写真】石沢祐介
【宣伝美術】高橋裕樹
【制作】726

[情報提供] 2009/06/07 01:30 by mk

[最終更新] 2010/03/30 10:58 by フリット

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

ハラダノリユキ

ハラダノリユキ(17)

出演させて頂きます。 よい作品になるよう精進して参ります。

kzm

kzm(0)

出演します。 がんばります!

フリット

フリット(0)

2回目!!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大