演劇

■文学座公演 日生劇場+文学座 ファミリーステージ

演劇

■文学座公演 日生劇場+文学座 ファミリーステージ

かぐや姫

日生劇場+文学座

日生劇場(東京都)

2009/08/07 (金) ~ 2009/08/09 (日) 公演終了

上演時間:

むかしむかしのその昔、竹取の翁は一本の光る竹を見つけました。
不思議に思い切ってみると、中には小さなかわいらしい女の子。
・・・・罪を犯したその罰に、見知らぬ世界にただ一人、
竹に宿った小さな命は、この世の光となりました。
・・・・・竹に生まれて、天に帰る、不思議な命のものがた...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/08/07 (金) ~ 2009/08/09 (日)
劇場 日生劇場
出演 中村彰男、大場泰正、櫻井章喜、石橋徹郎、城全能成、植田真介、斉藤祐一、細貝光司、上川路啓志、柳橋朋典、山森大輔、高塚慎太郎、山本道子、山本郁子、松岡依都美、鈴木亜希子、牧野紗也子、吉野実紗、下池沙知、金内喜久夫
脚本 髙瀬久男
演出 高橋正徳
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 6,000円
【発売日】2009/05/27
S席 大人 6,000円
    こども(中学3年生以下) 3,000円
A席 大人 4,000円
    こども(中学3年生以下) 2,000円
サイト

http://ameblo.jp/kaguyahime0807/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 むかしむかしのその昔、竹取の翁は一本の光る竹を見つけました。
不思議に思い切ってみると、中には小さなかわいらしい女の子。
・・・・罪を犯したその罰に、見知らぬ世界にただ一人、
竹に宿った小さな命は、この世の光となりました。
・・・・・竹に生まれて、天に帰る、不思議な命のものがたり。

<あらすじ>

あるとき、竹取の翁(おじいさん)は
根本が光っている1本の竹を見つけました。
不思議に思いその竹を切ってみると、
小さくてかわいらしい女の子がいましたので、
連れて帰りおばあさんと二人で育てることにしました。
やがて、年頃になった美しい姫の噂が町中に広がり、
嫁に欲しいという若い皇子がたくさん現れ、
遂には帝までが姫を宮中に上げたいと言いましたが、
姫はそれさえも断りました。

そして、十五夜の晩・・・

その他注意事項
スタッフ 美術: 乘峯雅寛
照明: 金 英秀
衣裳: 宮本宣子
音楽: 川崎絵都夫
音響効果: 原島正治
振付: 神崎由布子
舞台監督: 黒木 仁
演出補: 五戸 真理枝
制作: 日生劇場
     日下忠男(文学座)
票券: 最首志麻子

宣伝デザイン: 森 さゆ里
イラスト: オザワミカ

主催・企画: 日生劇場[(財)ニッセイ文化振興財団]

[情報提供] 2009/06/04 18:53 by 植田 真介

[最終更新] 2009/09/21 10:25 by 植田 真介

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

植田 真介

植田 真介(1)

よろしくお願いします。

最新のトラックバック

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大