演劇

unit-IF第4回公演

眠れぬ森のアリス

unit-IF

シアターブラッツ(東京都)

2009/07/18 (土) ~ 2009/07/20 (月) 公演終了

上演時間:

<あらすじ>
この物語は現実世界とは似て非なる3つの平行世界からなる。
     
一つは、ある夫婦の日常。     
  成績がでていないが残業もない夫と
  毎日の残業で忙しさに追われる妻。
  ある夫婦。ある日の日常。
一つは、眠れぬ森でのファンタジー。
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/07/18 (土) ~ 2009/07/20 (月)
劇場 シアターブラッツ
出演 藻瑚、小田桐翠、免出知之、徳弘明子、小山一羊、キノトサキ、鴇田純一、すずき麻衣子
脚本 小山一羊
演出 小山一羊
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 2,300円
【発売日】2009/05/24
当日     2300円
前売/予約  2000円
学生     1500円(要学生証)
サイト

http://unit-if.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 <あらすじ>
この物語は現実世界とは似て非なる3つの平行世界からなる。
     
一つは、ある夫婦の日常。     
  成績がでていないが残業もない夫と
  毎日の残業で忙しさに追われる妻。
  ある夫婦。ある日の日常。
一つは、眠れぬ森でのファンタジー。
  竜巻に飛ばされたドロシーがたどりついた先は、
  どんなに眠くても眠れない、眠れぬ森。
  そこで出会ったピーターパン、ティンカーベル。
  彷徨う三人は眠れぬ森で眠り続ける眠り姫を見つけて・・・。
一つは、二人の女性の語らい。
  ヒトの祖先の猿はなぜ二足歩行を始めたのか?
   逃げ足が遅い。
   捕食者の目に付きやすい。
   一本怪我をしたら致命的。
  生存に不利な二足歩行を始めたヒトの祖先は、
  森林から平原への大きな環境変化の中で、
  どのように生きのびることができたのか?
  二人の女性がその謎を語らう。

この3つの世界を行き来しながら、物語は進んでいく。


「de zeppar (デ=ズッパ)」
 unit-IFが追求している演劇スタイル!
   1.大掛かりな舞台セットはなく、はけ口もない。
   2.全ての役者が、常に舞台上に存在する。
   3.シーンに登場していない役に扮する役者は、
     そのシーンの物や背景になったりする。


その他注意事項 7歳未満のお子様のご入場はお断りさせていただきます。
スタッフ 【照明】角本敦 秋山江奈
【音響】高居長広 佐藤高宏 熊野晋也
【宣伝美術】矢木敬
【制作】高市江実子 まりえ

[情報提供] 2009/05/19 22:21 by いちよう

[最終更新] 2009/07/20 04:51 by いちよう

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

いちよう

いちよう(8)

脚本・演出の小山一羊です。 出演もしちゃいます。...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大