演劇

Pカンパニー 第2回公演 別役実VS阿藤智恵 PARTⅡ

別役実作品と阿藤智恵作品の日替わり公演

「トイレはこちら」「天才バカボンのパパなのだ」「死んだ女」

デザイン:松吉 太郎

0 お気に入りチラシにする

演劇

Pカンパニー 第2回公演 別役実VS阿藤智恵 PARTⅡ

「トイレはこちら」「天才バカボンのパパなのだ」「死んだ女」

別役実作品と阿藤智恵作品の日替わり公演

/troupe/3495

西池袋・スタジオP(東京都)

2009/06/24 (水) ~ 2009/07/05 (日) 公演終了

上演時間:

 Pカンパニーが、演目の中心に据えるのが、先日「不条理劇を日本に定着させた」として朝日賞を受賞した別役実の作品。その独自の文体で書かれた、時代性と普遍性を兼ね備えた作品の「演劇力」は他に類を見ない。これに対する阿藤智恵は不条理劇作家ではない。強いて命名すれば「不条理的妄想劇」か。妄想などという...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/06/24 (水) ~ 2009/07/05 (日)
劇場 西池袋・スタジオP
出演 水野ゆふ、林次樹、本田次布、一川靖司、内田龍磨、磯貝誠、木村万里、木村愛子、茜部真弓、須藤沙耶、宮川知久、森源次郎、長谷川敦央、橋本昭博
脚本 別役実(トイレはこちら、天才バカボンのパパなのだ)、阿藤智恵(死んだ女)
演出 木島恭(トイレはこちら)、小笠原響(天才バカボンのパパなのだ)、阿藤智恵(死んだ女)
料金(1枚あたり) 3,300円 ~ 6,000円
【発売日】2009/04/20
前売り・当日とも3300円  ABセット券6000円(前売りのみ)
日時指定  全席自由
サイト

http://homepage3.nifty.com/p-company/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  Pカンパニーが、演目の中心に据えるのが、先日「不条理劇を日本に定着させた」として朝日賞を受賞した別役実の作品。その独自の文体で書かれた、時代性と普遍性を兼ね備えた作品の「演劇力」は他に類を見ない。これに対する阿藤智恵は不条理劇作家ではない。強いて命名すれば「不条理的妄想劇」か。妄想などというとマイナスイメージだろうか。否、極めて私的な妄想を演劇化することによって、観客個々の心に「孤」としての共感を生む、その文体は、新しい「演劇力」の誕生に違いないのである。

 別役実に拮抗する新しい劇作者の登場が、我々の目指す演劇には、なんとしても必要であり、昨年のオープニング公演では、阿藤智恵、竹本穣の新作でそれに対抗した。それぞれに確かな文体と独自の劇的空間を持つ二人の作品は、今後とても楽しみな劇作者である。
 今回はオープニング公演で新作『しあわせな男』を作・演出した阿藤智恵の2006年の作品『死んだ女』を、Pカンパニー公演のために大幅に改訂してもらい上演する。
その他注意事項
スタッフ 【照明】石島奈津子 【音響】小山田昭 【舞台監督】大島健司
【宣伝美術】松吉太郎 【統括】林次樹 【協力】別役実 【制作】Pカンパニー

[情報提供] 2009/04/11 19:25 by Pカンパニー

[最終更新] 2009/04/13 00:33 by Pカンパニー

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

ふぃっとちーね

ふぃっとちーね(0)

『死んだ女』に客演させてもらいました。 若い男 役 ...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大