演劇

快飛行家スミス第5回公演

改訂完全版「ラヂウム殺人事件」

快飛行家スミス

KAWAGUCHI ART FACTORY(埼玉県)

2007/10/28 (日) ~ 2007/11/11 (日) 公演終了

上演時間:

「ラヂウム殺人事件」は。
2006年2月に、砂壁に古木のプロセ、更には古木の床板の舞台を有した穴倉のようなギャラリーにて上演された、快飛行家スミスの3つ目の作品である。
完全予約制の中キャンセル待ちが続出した、話題の作品だ。


それを今回、KAWAGUCHI ART FACTORY...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/10/28 (日) ~ 2007/11/11 (日)
劇場 KAWAGUCHI ART FACTORY
出演 奈佐健臣
脚本 北川原梓
演出 北川原梓
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://www.geocities.jp/kaihikouka/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「ラヂウム殺人事件」は。
2006年2月に、砂壁に古木のプロセ、更には古木の床板の舞台を有した穴倉のようなギャラリーにて上演された、快飛行家スミスの3つ目の作品である。
完全予約制の中キャンセル待ちが続出した、話題の作品だ。


それを今回、KAWAGUCHI ART FACTORYに場所を変えて再演することが決定した。


日の出埠頭の港町を舞台に、探偵の身に降りかかるいくつもの「謎」。
探偵最後の事件の顛末はいかに!?
********************
トランジスタアの雑音が、始まりを告げた。


それは水仙が咲いた、ある月夜の晩でした。
戸口に蒼白い顔をした一人の紳士が立っていて、
僕にこう、謂ふのです。


「探偵さん。影が、私の後を追ってくるのです。」


そうして僕は、謎の渦巻く雑音の海へと身を投じた。
****************::


日の出埠頭近くの酒場通りの片隅。
鄙びたビルの一室にある<日の出月影探偵社>に舞い込んだ奇妙な依頼。
それは、影に追われている、という一人の紳士の依頼だった。
依頼人の名は成木草太。
その日から、探偵の最後の事件が始まった。


波止場に吠える犬は一体誰か。


それぞれの不安を照らしながら、
今日も日の出の町に月が昇る。

*******************
原案に萩原朔太郎「月に吠える~悲しい月夜~」を向かえ、昭和ノスタルジーを全面に押し出した快飛行家スミスの逸品を、全ての方にお届けします。
その他注意事項
スタッフ 照明・上川真由美
美術・北川原梓
音響・奈佐健臣
美術協力・岡島博徳

宣伝美術・佐瀬麻友子(A.K.A.co)

撮影・吉田清継(サンセットフィルムス)

協力・森本由美、川崎智子、金子良治、他

[情報提供] 2007/02/21 21:52 by 快飛行家スミス

[最終更新] 2007/11/13 12:10 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大