演劇

劇団サーカス劇場 第12回公演

ノスタルジア

劇団サーカス劇場

駒場小空間(東京大学多目的ホール)(東京都)

2006/10/26 (木) ~ 2006/10/30 (月) 公演終了

上演時間:

1976年の秋。新橋駅で倒れたひとりの男が、病院に担ぎ込まれた。
自分が誰なのかも分からなくなってしまったその男は病室で、おぼろげな記憶の断片を白紙の上に走り書きしてゆく。
耳鳴りとともに間歇泉のように浮かんでは消えるイメージは、石のような海を越えて北へ、遠い日のシベリアへとつながっていっ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2006/10/26 (木) ~ 2006/10/30 (月)
劇場 駒場小空間(東京大学多目的ホール)
出演 森澤友一朗、加藤新(劇団グレイトフルライフ)、大星輝宗(劇団グレイトフルライフ)、木山はるか、執印久美子、山村知香、清末浩平
脚本 清末浩平
演出 清末浩平
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 2,200円
【発売日】
サイト

http://circus.main.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 1976年の秋。新橋駅で倒れたひとりの男が、病院に担ぎ込まれた。
自分が誰なのかも分からなくなってしまったその男は病室で、おぼろげな記憶の断片を白紙の上に走り書きしてゆく。
耳鳴りとともに間歇泉のように浮かんでは消えるイメージは、石のような海を越えて北へ、遠い日のシベリアへとつながっていった――

虚と実がしのぎを削り合う、目くるめくフィクションを通して、日本の近代史と対峙する、《昭和年代記》の最新作。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2007/02/21 21:27 by 雲雀亭

[最終更新] 2009/11/07 09:59 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大