演劇

GREEN55 プロデュース GREEN55 NEXT STAGE / 劇団銀石第6回公演

原案:W・シェイクスピア「リチャード三世」より

演劇

GREEN55 プロデュース GREEN55 NEXT STAGE / 劇団銀石第6回公演

リチャード・イーター

原案:W・シェイクスピア「リチャード三世」より

劇団銀石

シアターグリーン BIG TREE THEATER(東京都)

2009/08/12 (水) ~ 2009/08/16 (日) 公演終了

上演時間:

【タイムテーブル】
8月12日(水) 19:00
   13日(木) 14:00★昼ギャザリング実施
          19:00
   14日(金) 19:00
   15日(土) 14:00 
          19:00
   16日(日) 15:00

※受付は開...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/08/12 (水) ~ 2009/08/16 (日)
劇場 シアターグリーン BIG TREE THEATER
出演 星野満里奈(青山学院大学演劇研究会)、村山恭子、望月雅行(劇団バルド)、守山真利恵、矢鋪あい、矢野由布子(中央大学第二演劇研究会)、斉藤マッチュ(劇団銀石)、内山唯美(劇団銀石)、浅利ねこ(劇団銀石)、横田秀允(劇団銀石)、荒川ユリエル(拘束ピエロ)、安藤理樹(PLAT-formance)、池亀三太、池田靖浩(劇団くるめるシアター)、石原麻美、宇佐見輝(法政大学一部演劇研究会)、加藤諒(青山学院大学演劇研究会)、北尾亘、小嶋美紗央(青山学院大学演劇研究会)、小太刀賢(劇団テアトルジュンヌ)、佐藤友紀、すずき麻衣子、花戸祐介
脚本 佐野木雄太、原案:W・シェイクスピア
演出 佐野木雄太
料金(1枚あたり) 1,800円 ~ 2,700円
【発売日】2009/06/23
【前売】 学生2300円 一般2500円

【当日】 学生2500円 一般2700円

※ 昼ギャザリングの底値は学生1800円、一般2000円
サイト

http://gekidan-ginseki.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 【タイムテーブル】
8月12日(水) 19:00
   13日(木) 14:00★昼ギャザリング実施
          19:00
   14日(金) 19:00
   15日(土) 14:00 
          19:00
   16日(日) 15:00

※受付は開演の40分前、開場は開演の30分前になります。
※13日(木)14:00の回は昼ギャザリングを実施します。
※各回公演終了後に演出家とゲストによる、PPT(ポストパフォーマンストーク)がございます。
 ゲストの詳細などは随時HPにアップされます。

【チケット】
料金:学生  前売 2300円    当日 2500円
    一般  前売 2500円    当日 2700円
   
※13日(木)14:00の回の昼ギャザの底値は学生1800円/一般2000円を予定
※昼ギャザリングとは
 お客さまの数に応じて料金をキャッシュバックするものです。
 学生・一般それぞれの券種のお値段から動員15名につき、100円値下げ、底値500円とさせていただきます。
 たとえば75名以上の動員があった場合、お客さまひとりひとりに500円ずつのキャッシュバックをさせていただくことになります。ぜひご利用ください。


【作・演出より】

古典をやらねばならない。
シェイクスピアをやらねばならない。

現代という今の時代に、過去省みて我が振り直せ、などというつもりはない。
俺がやろうとしているのは全くの新作だ。

虎の威を借って、何かことを為すつもりはない。
臆病に体面よく古典をなぞるのではなく、その虎の威に槍と剣でもって向こうを張れる演劇をしなければならない。

そこでシェイクスピアだ。「リチャード三世」だ。
イングランドの歴史を基にしているこの作品は、物語の改変を受け付けない「強さ」がある。物語を曲げることは歴史を曲げることと同義で、それは現代人の我々には手の出せない事態で、あとの祭りだ。

だがそれでいいのか。シェイクスピアはそんなものか。

喜劇、悲劇、問題劇にロマンス劇。歴史に拠らない類まれな想像力をもって、今もなお世界中を魅了してやまないシェイクスピアの一作品が、歴史劇だからという理由だけで、現代人のフィルターを素通りし先祖返りしてもよいのか。

そんなはずは、ないはずだ。

歴史的背景、イングランドの諸文化、時代特有の価値観。そんなものを取っ払ってもゆるぎない根底の魅力が、シェイクスピア諸作、こと「リチャード三世」にはある。だからこそ現代まで脈々と上演され続けてきたのだと、俺は思う。

古典を上演しようと、作り手は現代人だ。観客だって同じ時代を生きている。そこに古いも新しいもない。

ときを経ても変わらない「人間性」と、変わりゆく「同時代性」を同時に具現化することを目的とした劇団銀石にとって、「リチャード三世」は格好の題材なのだ。

「体感」を実現するために、
古典をやらねばならない。
シェイクスピアをやらねばならない。


2009年4月某日
劇団銀石・代表
佐野木 雄太
その他注意事項 千秋楽をのぞく、各回公演終了後にゲスト交えてのポストパフォーマンストークあり

スタッフ 舞台監督    城野健

舞台監督助手  熊木進

舞台美術・照明 城野健+創材屋+TEAM内山くん

大道具製作協力 俳公・STAGE DOCTOR

音響      角田里枝

音楽      瀬奈ヒロキ

衣裳      浅利ねこ

演出助手    郡司直樹

宣伝美術    安藤理樹(onp)

舞台写真    奥山郁 

WEB製作   ラムキ(劇団銀石)

制作      清水美峰子
         坂本春菜

other member  志田あゆみ

プロデューサー ラムキ(劇団銀石)


主催      GREEN55

製作      劇団銀石

[情報提供] 2009/03/16 07:19 by mk

[最終更新] 2010/04/14 18:38 by ガリクソン

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー29

浅利ねこ

浅利ねこ(0)

浅利ねこ

荒川ユリエル

荒川ユリエル(2)

出演します。頑張ってますわ。

わたる

わたる(0)

北尾亘

このページのQRコードです。

拡大