演劇

2008/2009シーズン

現代能楽集 鵺

新国立劇場

新国立劇場 小劇場 THE PIT(東京都)

2009/07/02 (木) ~ 2009/07/20 (月) 公演終了

上演時間:

能『鵺(ぬえ)』を題材に、坂手洋二が現代に潜む様々な“鵺”を描き出す渾身の新作。
元来“鵺”は鳥のトラツグミを指すが、その声が夜に不気味と聞こえてくることから、「鵺の声で鳴く得体の知れないもの」を“鵺”と呼ぶようになった。その姿は、サルの頭、タヌキの胴体、トラの手足、尾はヘビといわれる。『平...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/07/02 (木) ~ 2009/07/20 (月)
劇場 新国立劇場 小劇場 THE PIT
出演 坂東三津五郎、田中裕子、たかお鷹、村上淳
脚本 坂手洋二
演出 鵜山仁
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 5,250円
【発売日】2009/05/09
A席:5,250 B席:3,150 Z席:1,500
※料金は税込みです。
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/season/updata/20000067_play.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 能『鵺(ぬえ)』を題材に、坂手洋二が現代に潜む様々な“鵺”を描き出す渾身の新作。
元来“鵺”は鳥のトラツグミを指すが、その声が夜に不気味と聞こえてくることから、「鵺の声で鳴く得体の知れないもの」を“鵺”と呼ぶようになった。その姿は、サルの頭、タヌキの胴体、トラの手足、尾はヘビといわれる。『平家物語』によると、近衛天皇の住む御所・清涼殿に毎夜出没し、天皇を悩ませたのを、源頼政が退治したとされている。
世阿弥の作といわれる能『鵺』は、戦争を題材とした「修羅物」。
「このたびの新作は、現代演劇が能の構造を借りた、新たな「修羅物」として、構想されています。戦争についての新たな「霊魂の劇」を実現させたい。」(坂手洋二)

主演は、爽やかで、かつ艶やかな芸風を持つ、伝統芸能の花形・坂東三津五郎。その確かな演技力で、この現代演劇の新作にどのように挑むのか興味深い。
アジアを舞台に、源平の昔から昭和、平成と戦乱の世を駆けめぐり、「現代を再発見」する新作に乞うご期待。
その他注意事項
スタッフ 作:坂手洋二
演出:鵜山仁

[情報提供] 2009/03/05 11:30 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/04/29 11:52 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大