演劇

コマツ企画員 川島潤哉 一人で演劇

「孤天」第一回 : 『例えば、皮膚』

コマツきかく

RAFT(東京都)

2009/06/11 (木) ~ 2009/06/14 (日) 公演終了

上演時間:

「孤天」とは、コマツ企画員川島潤哉が、“一度きりの一人芝居ならやらない方がまし”という極めて私的な方針から、役者が一人で、一表現者として何ができるか、を頑張って二回以上追究していく、という“孤独な天国”のことです。

というか適当に付けた名前です。

脚本家や演出家も無い状況で、役者は...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/06/11 (木) ~ 2009/06/14 (日)
劇場 RAFT
出演 川島潤哉、だけ
脚本 川島潤哉
演出 なし(しいて言うなら自分)
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 1,500円
【発売日】2009/04/01
前売り、当日共に
サイト

http://kotenten.exblog.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「孤天」とは、コマツ企画員川島潤哉が、“一度きりの一人芝居ならやらない方がまし”という極めて私的な方針から、役者が一人で、一表現者として何ができるか、を頑張って二回以上追究していく、という“孤独な天国”のことです。

というか適当に付けた名前です。

脚本家や演出家も無い状況で、役者は一人で何ができるのか。
いや、
一人でしかできない演劇があるのではないか。

というようなことを、下らない感じで頑張ってみる。




「あらすじ」

・・・顔の見える集団、気付いたら巻き込まれていた集まり、
  自分から望んで加わった社会、何らかのジャンル・・・・・

ある番組にゲストとして呼ばれた男。
彼はそこで何を語り、何を考えたか。
そんなお話と、複雑に絡み合う、小話。

断片的な話から、最後には、
『集団と、それに属するワタシ』
を、一人で表現し切る。

その他注意事項 ※席に、相当限りがあります。予約はお早めに。

※しかし、可能性としての客数は少なめです。
スタッフ 【舞台監督】伊藤淳二
【照明】横井祐輔
【宣伝美術】古賀沙織
【制作】鈴木光恵

【企画】川島潤哉

[情報提供] 2009/03/01 20:17 by ジュヤ

[最終更新] 2009/06/15 14:48 by ジュヤ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

ジュヤ

ジュヤ(0)

役者・俳優

一人です。

このページのQRコードです。

拡大