演劇

劇団羅針盤第十四回公演

三八〇,〇〇〇キロメートルのその果てに

演劇

劇団羅針盤第十四回公演

彼方の空から

三八〇,〇〇〇キロメートルのその果てに

劇団羅針盤

金沢市民芸術村(石川県)

2009/03/21 (土) ~ 2009/03/29 (日) 公演終了

休演日:3月23日(月)から26日(木)は休演となります

上演時間:

そこには1本の色鉛筆が立っていた。
大きな大きな、まるで天を支える柱のように高くそびえる色鉛筆。
そしてその周りには、おびただしいまでの鉄骨とガレキとコンクリートの山々。

「月に行きたい」

いつの時代も空を見上げては思い描いてきた、子供達の夢。
1865年、フランスで出版され...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/03/21 (土) ~ 2009/03/29 (日)
劇場 金沢市民芸術村
出演 平田知大、中井保弘、岡本真吾、佐武寛之、元山ゆうこ、下緒まえ、砂田ももこ、矢澤あずな、美緑トモハル(客演)、春海圭佑、寺嶋佳代、松本具子、西村ありす
脚本 平田知大
演出 平田知大
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,500円
【発売日】2009/02/10
前売り2000円、当日2500円
高校生以下のお客様は、当日受付にて500円キャッシュバックいたします
サイト

http://rashinban.petit.cc/muscat2/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 そこには1本の色鉛筆が立っていた。
大きな大きな、まるで天を支える柱のように高くそびえる色鉛筆。
そしてその周りには、おびただしいまでの鉄骨とガレキとコンクリートの山々。

「月に行きたい」

いつの時代も空を見上げては思い描いてきた、子供達の夢。
1865年、フランスで出版された1冊の冒険小説。
作者はのちに『十五少年漂流記』や『海底二万マイル』を書く、空想おじさん。

ジュール=ヴェルヌ作 『月世界旅行』

「でっかい大砲の砲弾に乗って月まで行こう!」

人間と生活道具一式を詰め込んだ巨大な砲弾を、
長さ270メートルもある超巨大な大砲で月まで撃ち出す。

馬鹿な。
いくらなんでも無茶苦茶だ。
そんなことが現実に起こるはずがない。有り得ない!

しかし……ほんのわずかながら、この本を本気にした子供達がいた。

子供達は、やがて大人になった。そして……。

このお芝居にそびえる、でっかいでっかい色鉛筆。
よく見れば、その色鉛筆には噴射ノズルがついている。
よくよく見れば、色鉛筆の先っちょには人が乗り込む操縦席もついている。

月ロケット。

この物語は、月にウサギを見た人々のお話。
彼方の月を目指して。
その他注意事項 10歳未満のお子様のご入場はご遠慮ください。
後援:石川テレビ放送、エフエム石川、北陸中日新聞、北陸放送
スタッフ [参謀]寺嶋佳代、[演出助手]口出香織(劇団BANG★BOO!SHOT)、
[舞台監督]松本具子、[美術]KATZ&β・龍、[照明]宮向隆、
[音響]中山聡子、[振付]三谷知春、[造形]梶康伸、
[衣装]WEEKEND QUEEN、[楽曲提供]Vellius・吉田拓史
[デザイン]八田哲一(SUNDAY WORKS)、
[制作]劇団羅針盤制作部、[統括]雪村つばき

[情報提供] 2009/02/09 22:33 by てらちま

[最終更新] 2009/02/09 22:51 by てらちま

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大