演劇

精華演劇祭vol.12 DIVE Selection vol.3

あたしと名乗るこの私

上品芸術演劇団

精華小劇場(大阪府)

2009/02/21 (土) ~ 2009/02/22 (日) 公演終了

上演時間:

32階。ホテルの最上階、高級レストラン。コースを食べるのはちょっと勇気がいる。そんなとっておきの場所で、いろんな人がごはんを食べる。月に一度の自分にご褒美。一世一代のデート。長年のあの人に別れを告げ……。
雲が下に見える。
ビルがおもちゃみたいだ。
車は音もたてないでゆっくりでかわいい。...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/02/21 (土) ~ 2009/02/22 (日)
劇場 精華小劇場
出演 押谷裕子、鈴江俊郎、清良砂霧、脇野裕美子、梶川貴弘、阪本麻紀(烏丸ストロークロック)、清水陽子、大藤寛子、高橋志保、原聡子、山本正典(コトリ会議)
脚本 鈴江俊郎
演出 鈴江俊郎
料金(1枚あたり) 1,800円 ~ 2,000円
【発売日】
【料金】前売 1,800円/当日 2,000円
サイト

http://www.milmil.cc/user/jouhin/diary.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 32階。ホテルの最上階、高級レストラン。コースを食べるのはちょっと勇気がいる。そんなとっておきの場所で、いろんな人がごはんを食べる。月に一度の自分にご褒美。一世一代のデート。長年のあの人に別れを告げ……。
雲が下に見える。
ビルがおもちゃみたいだ。
車は音もたてないでゆっくりでかわいい。
あたしもかわいいのかな。
あたしもあんなふうにちっちゃくて音もたてないでそこにいて、
それでも、これは私だ。
あたし以上でもあたし以下でもない、これは私の話だ。そしてきっとあなたの話だ。
その他注意事項 21日19:30上演後アフタートークを行います。
ゲストに川村信治氏をお迎えします!!

***

川村信治(かわむらしんじ)
――福井県の高校演劇部顧問として優秀な作品をつくり、
カウンセラーとして活動し、詩作し、地元市民劇団の代表でもある「演劇活動家」――
1952年生まれ。神戸大学理学部大学院修了。
現在、福井県立勝山南高等学校教諭(理科・相談係)。
同校演劇部顧問。全国高校演劇協議会事務局員(生徒講評委員会担当)。
上級教育カウンセラー。福井県教育カウンセラー協会事務局員。
ミュージカル劇団「ドラゴン・ファミリー」代表。劇作、演出、制作など。
詩人。「季節季節の朝が静かに開かれ」など詩集6冊。
論考「多様体としての精神」
スタッフ 作・演出 鈴江俊郎

出演
押谷裕子
鈴江俊郎
清良砂霧
脇野裕美子

梶川貴弘
阪本麻紀(烏丸ストロークロック)
清水陽子
大藤寛子
高橋志保
原聡子
山本正典(コトリ会議)

[主催]精華小劇場活用実行委員会/精華演劇祭実行委員会/大阪市 
[共催]NPO法人 大阪現代舞台芸術協会

[情報提供] 2009/02/02 21:38 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/08/17 13:51 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大