MU

スタジオ・シアターSPARK1(東京都)

2006/11/24 (金) ~ 2006/11/27 (月) 公演終了

上演時間:

<あらすじ>

「暴力を非暴力で解決出来るって本気で思ってるのかな?」

戸塚ヨットスクールの架空の姉妹校、光島海女スクール。そこは「問題以上、事件未満」のトラブルを抱えたガールズたちの人生の更生施設であった。物語の中心はA班と呼ばれる「暴力行為」でここに辿り着いてしまった彼女たちにク...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2006/11/24 (金) ~ 2006/11/27 (月)
劇場 スタジオ・シアターSPARK1
出演 藤本真弓、山乃花絵、菊地未来(東京タンバリン)、吉岡亜沙美、船津奈緒子、まつり、植松久恵、金崎敬江(bird's-eyeview)、橋本恵一郎(ククルカン)、熊野善啓(チャリT企画)、ハセガワアユム(MU)
脚本 ハセガワアユム(MU)
演出 ハセガワアユム(MU)
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 2,800円
【発売日】2006/10/10
前売・2500円/当日2800円
チケット予約アドレス:ticket@mu-web.net
Tel:070-5658-5465(MU制作)
サイト

http://mumermaid.exblog.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 <あらすじ>

「暴力を非暴力で解決出来るって本気で思ってるのかな?」

戸塚ヨットスクールの架空の姉妹校、光島海女スクール。そこは「問題以上、事件未満」のトラブルを抱えたガールズたちの人生の更生施設であった。物語の中心はA班と呼ばれる「暴力行為」でここに辿り着いてしまった彼女たちにクローズアップされる。

双子の姉妹、牧田ユイとメイは、ふたりとも同じ男に二股をかけられた上、逆上の果てに暴力を振るうが、どちらが振るったか覚えていないという。「もしかしたら自分は何もしていないのかも知れない」「もしかしたら自分がやったのかも知れない」という境遇の中、二人とも捨てられるように入所する。そんな彼女たちが、溺れている一組の男たちを救った所から卒業への道が狂い始める。


<解説>

ex.caprico(カプリコ)のハセガワアユムが、ブラジル(「バレンタインデイ・キス」「美しい人妻」etc.)、 bird's-eye view 企画公演、 シャトナー研EX(西田シャトナー氏演出・王子小劇場主宰)などの客演を経て、新しいユニット「MU(ムー)」で公演を行う。自身が約三年ぶりに作・演出を手掛ける意欲作。

真っ白い舞台にスピーカーが2つ。奥には物凄く巨大な白いカセットテープのオブジェが存在し、 そこから伸びるテープが動いては場面転換して、 部屋と部屋との区切りや、船などの境界線になりシーンを形成する。

開場した段階で、テープは殺人現場の遺体を模して縁取っており、暴力の想像力を喚起させるもどこかシュールな雰囲気を醸し出している。

海女たちの可愛らしいルックスとくだならい会話の落差、そして暴力は簡単に姿を現さず、彼女たちから時に笑いを交え言葉としてだけ発せられるなど、矛盾したものを抱えつつも「矛盾したまま」を舞台の上で誠実に描く。

物語の構成がカセットテープに模したようにA面とB面の二面構造で入れ替わり、ニュースがあまりも面白過ぎる00年代において、慈善事業劇や集団群像劇が多過ぎる小劇場界において、そこへ逃げないで「メッセージ」に挑む。
(上演時間2時間20分)

-------------------------------------------

<レビュー>

公式サイトでレビュアー募集に応募頂いたQu'itosさんから素敵なレビューを書いて戴きましたのでよければ御覧ください

<相反するもの、その境界 〜MU『マーメイドソング』> 
http://cafequitos.typepad.jp/blog/2006/11/mu_1f0a.html

非常に面白いテキストになっております。
その他注意事項
スタッフ      舞台監督:皮村猛(マリッヂ・ブルー)
     音響:モリタユウイチ(OTOZAK)
     照明:NORI(OTOZAK)
     美術製作:松本翠 
     宣伝美術:石井誠(united.)
     制作補佐:塩田友克 
     舞台写真:石澤知絵子(paqlab)
     企画・制作:MU 

[情報提供] 2007/02/18 15:09 by hasegawaayumu(MU)

[最終更新] 2007/12/31 14:03 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大