演劇

演劇ユニット金の蜥蜴 第五回公演

~殺生石異聞~

那須ノ物語

デザイン:伊達明宏

0 お気に入りチラシにする

演劇

演劇ユニット金の蜥蜴 第五回公演

那須ノ物語

~殺生石異聞~

演劇ユニット 金の蜥蜴

ブディストホール(東京都)

2009/02/12 (木) ~ 2009/02/15 (日) 公演終了

上演時間:

妖の力を持つ九尾の狐が扮する玉藻の前。国の主を惑わせ、国を乗っ取り、混沌を広めようとする話です。
しかし最後には、高僧によって石に封じ込められてしまう。(能楽「殺生石」より)

さて、とある国の物語。
そこに玉藻という一人の娘がいた。玉藻は捨て子で、本来親から受けるべき愛を知らすにいた...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/02/12 (木) ~ 2009/02/15 (日)
劇場 ブディストホール
出演 暮川彰、平田絵里子、幸田友見、伊東友也、福井ノヴヒロ、寺島享、山副純子
脚本 陽季想
演出 陽季想
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 4,500円
【発売日】
指定席(当日・前売り共) ¥4,500
自由席(前売り) ¥3,500  (当日) ¥3,800
サイト

http://www.tokage.jp

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 妖の力を持つ九尾の狐が扮する玉藻の前。国の主を惑わせ、国を乗っ取り、混沌を広めようとする話です。
しかし最後には、高僧によって石に封じ込められてしまう。(能楽「殺生石」より)

さて、とある国の物語。
そこに玉藻という一人の娘がいた。玉藻は捨て子で、本来親から受けるべき愛を知らすにいた。そんな玉藻を不憫に思い引き取ったのは、高僧と名高い法源大師。しかし、すぐに法源大師は亡くなり、寺を継いだのは若輩僧・二代目法源。だが、放蕩の限りを尽くしていた二代目法源に寺は荒れ果てる。日々の暮らしも立ち行かないほどであったが、それでも玉藻はたくましく成長していった。

そして、幾度かの四季を重ねた、ある日のこと。先代法源大師の古い友人、那須国家老・阿部康成が訪ねて来る…。

愛ゆえに生まれる情念…  愛ゆえに生まれる信念… そもそも、愛とは何か…

様々に存在し、意味付けられる「愛の形」のひとつが、ここに幕を開ける――
その他注意事項 未就学児童の入場はご遠慮ください。
スタッフ 【舞台監督】 高居 長広
【照明】 萩原 賢一郎
【音響】 TAISHI
【美術】 星 真一郎
【制作】 宮本 美穂子
【WEB/DTI】 伊達 明宏

[情報提供] 2009/01/21 05:08 by 暮っち。

[最終更新] 2009/04/27 06:54 by 暮っち。

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大