フェスティバル/トーキョー実行委員会

東京芸術劇場 シアターウエスト(東京都)

2009/03/28 (土) ~ 2009/03/29 (日) 公演終了

上演時間:

■『プロゼルピーナ』(初演:2008.8/利賀スタジオ)
―春の女神― 天界で花を摘んで暮らしていたプロゼルピーナは、ある日突然冥王の手によって連れ去られ、冥界の妃となった。母親である豊穣の女神は悲しみ、以来地上に恵みをもたらすことをやめてしまった。毎年プロゼルピーナが天界に帰省すると再び歓...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/03/28 (土) ~ 2009/03/29 (日)
劇場 東京芸術劇場 シアターウエスト
出演 音楽環境創造科、器楽科、美術学部絵画科在校生および卒業生
脚本 ゲーテ(原作)
演出 坂田ゆかり(東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科4年)
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 1,000円
【発売日】2008/12/18
各1,000円 自由席
F/T回数券(3演目/5演目)、F/Tパスあり
サイト

http://festival-tokyo.jp/program/university/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ■『プロゼルピーナ』(初演:2008.8/利賀スタジオ)
―春の女神― 天界で花を摘んで暮らしていたプロゼルピーナは、ある日突然冥王の手によって連れ去られ、冥界の妃となった。母親である豊穣の女神は悲しみ、以来地上に恵みをもたらすことをやめてしまった。毎年プロゼルピーナが天界に帰省すると再び歓びが満ち溢れ、地上に<春>が訪れると言われている。 1776年、ドイツの文豪ゲーテが27歳のとき、このギリシア神話をもとに著した独白劇。200年以上の時を越え、現代の東京に死後の世界の神話を再構成した新演出『プロゼルピーナ』は、2008利賀演劇人コンクールで評価を受け、東京での再演を望まれていた。

■演劇創造の未来をのぞむ 上演+フォーラム
現在、演劇や舞踊を専門的に学ぶことができる大学・学科では、第一線で活躍するプロのアーティストが指導教員として学生たちとの作品づくりに取り組み、ユニークな成果をあげている。
「演劇/大学」では、毎年授業の一環で制作される作品群を中心に、各大学で育まれた才能/思想/創作プロセスをより明確に示す4作品をフェスティバルに招聘し、集中的に上演。これまで主に劇団や小劇場が担ってきた次世代の育成、さまざまな知識や技術の継承が大学を拠点とするとき、どんな演劇の未来が拓けてくるのか?授業を通したアーティストと学生の出会いは何を生み出すのか?上演+フォーラムによって、その成果と可能性を見つめる。

■フォーラム『大学が育てる演劇の未来』(入場無料・要予約)
3月28日(土)17:00〜21:00
会場:東京芸術劇場 小ホール2
※1月16日(金)予約受付開始

メインパネル
 能祖将夫(桜美林大学准教授)
 森山直人(京都造形芸術大学准教授)
 松本修(近畿大学准教授)
 市村作知雄(東京藝術大学准教授)
 藤崎周平(日本大学教授)
 宇野邦一(立教大学教授)    

※メインパネルは変更になる場合があります

コーディネーター・司会:長島確(ドラマトゥルク)
その他注意事項
スタッフ 演出:坂田ゆかり(東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科4年)
1987年東京生まれ。幼少より作曲を始める。YAMAHA Junior Original Concert4回入選。大学入学後より舞台空間で人間が生きるアートを目指し、アートユニットEUCALYPTUSを結成。若いアーティストとの共同制作を多く試み、演劇・ダンス・音楽の枠にとらわれない舞台表現を模索している。主な演出作品は『班女』(2007)、『BOMBSONG』(国際ドラマリーディングフェスティバル・2008)、『プロゼルピーナ』(利賀演劇人コンクール2008)。

原作:ゲーテ
出演:音楽環境創造科、器楽科、美術学部絵画科在校生および卒業生
指導教員:市村作知雄(東京藝術大学准教授)

[情報提供] 2009/01/20 13:28 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/12/17 09:26 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大