その他

remembrance 記録と記憶

―中国と日本の表現者による未来への祈りの試み―

『ガイサンシーとその姉妹たち』『melos』の上映、上演を広げる会

東京しごとセンター 地下講堂(東京都)

2009/01/17 (土) ~ 2009/01/17 (土) 公演終了

上演時間:

■長編ドキュメンタリー映画『ガイサンシーとその姉妹たち』
班忠義監督/80分/2007年シグロ作品
山西省一の美人を意味する「蓋山西(ガイサンシー)」と呼ばれた、侯冬娥(コウトウガ)さん。
その呼び名は、彼女の容姿のことだけでなく、同じ境遇に置かれた幼い“姉妹たち”を、自らの身を挺してま...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/01/17 (土) ~ 2009/01/17 (土)
劇場 東京しごとセンター 地下講堂
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり)
【発売日】
前売り2,300円、当日2,500円
サイト

http://www1.jca.apc.org/melos-Gaishanxi-performance/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ■長編ドキュメンタリー映画『ガイサンシーとその姉妹たち』
班忠義監督/80分/2007年シグロ作品
山西省一の美人を意味する「蓋山西(ガイサンシー)」と呼ばれた、侯冬娥(コウトウガ)さん。
その呼び名は、彼女の容姿のことだけでなく、同じ境遇に置かれた幼い“姉妹たち”を、自らの身を挺してまで守ろうとした、彼女の優しい心根に重なる。しかし、彼女の後半生は悲惨なものであった。
この映画は、班忠義監督が9年の歳月をかけ、中国の大地に侯冬娥と、運命を同じくした女性たちの姿を追い続けたドキュメンタリーである。幼くして人生の全てを奪われた女性たちの、現在の記録であり、私たちの明日に向けて語られる物語である。「蓋山西(ガイサンシー)」という呼び名が、人々に語り継がれ、「人間の尊厳」を表す言葉となることを願っている。

■祥子-SHOKO LIVE perform『melos』
極限的な身体的振動=痙攣、叫び、トランスの連鎖により、根源的な生命の記憶を生成させる特異なLive Performを展開してきた祥子-SHOKOが、声と身体により新たな音楽的世界を構築し、現在の「悲劇」に挑みます。
この「Live Perform」は、存在そのものの身体から、沈黙もふくめた音楽へのアプローチです。
その他注意事項 アフタートークあり ゲスト:花崎攝 [俳優、ワークショップ進行役]

【タイムテーブル】
14:30 開場
15:00 ●『ガイサンシーとその姉妹たち』上映(80分)
16:20 終映/休憩(10分)
16:30 ●『Melos』上演 パフォーマー:祥子(80分)
17:50 終演/休憩(10分)
18:00 ●アフタートーク(90分)
花崎攝(俳優、ワークショップ進行役)
祥子-SHOKO(パフォーマー)
二瓶龍彦(作家、演出家、美術家)
班忠義(映画監督)
19:30 終了予定
スタッフ ■長編ドキュメンタリー『ガイサンシーとその姉妹たち』
製作:山上徹二郎、班忠義 
撮影:班忠義 
編集:甘文輝、ジャン・ユンカーマン
整音:小川武 音楽演奏:盂県民間楽隊

■祥子-SHOKO LIVE perform『melos』
出演:祥子-SHOKO 
設計:二瓶龍彦
映像:並木浩士
衣装:TENKO
舞台監督:田中克季

[情報提供] 2009/01/10 21:37 by NAO

[最終更新] 2009/01/10 21:55 by NAO

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大