演劇

SPAC・静岡県舞台芸術センター

静岡芸術劇場(静岡県)

2008/06/28 (土) ~ 2008/06/29 (日) 公演終了

上演時間:

フランス演劇界の風雲児オリヴィエ・ピィ、
今シーズン最大の話題作をひっさげて初来日!
ある日、劇作家「ぼく自身」は自分が世界の
注目の的になっていることに気づく。
はたして演劇は世界を救えるのか?

ピィ自身が主役を演じ、最優秀演技賞に輝いたミシェル・フォーほかベスト・キャストで挑...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/06/28 (土) ~ 2008/06/29 (日)
劇場 静岡芸術劇場
出演 パリ・オデオン座
脚本 オリヴィエ・ピィ
演出 オリヴィエ・ピィ
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,000円
【発売日】2008/04/07
4,000円/同伴チケット(2枚)7,000円
大学生・専門学校生 2,000円 高校生以下 1,000円
(公演当日、受付にて学生証を提示してください)
サイト

http://www.spac.or.jp/08_spring/illusion.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 フランス演劇界の風雲児オリヴィエ・ピィ、
今シーズン最大の話題作をひっさげて初来日!
ある日、劇作家「ぼく自身」は自分が世界の
注目の的になっていることに気づく。
はたして演劇は世界を救えるのか?

ピィ自身が主役を演じ、最優秀演技賞に輝いたミシェル・フォーほかベスト・キャストで挑む、軽快で深遠なコメディー。

夢見がちな詩人と、昔なじみの役者たちがつくる売れない劇団。いつものように新作『詩人と死神』を稽古していると、まだ上演されていないはずの『詩人と死神』の批評が届く。新作は激賞され、詩人は一躍西洋文明の救世主と見なされる。あらゆる「イズム」が死んでしまった今、世界を救えるのは演劇だけだというのだ。やがてジャーナリスト、大統領、ローマ法王、さらにはモード業界のバイヤーまでが「ぼく自身」のところにつめかけてくる。「ぼく自身」と仲間たちは世界の期待に応えられるのか?
その他注意事項
スタッフ 作・演出:オリヴィエ・ピィ
出演:パリ・オデオン座

[情報提供] 2008/12/26 12:04 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/03/14 07:57 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大