演劇

Shizuoka春の芸術祭2008

アンティゴネ

SPAC・静岡県舞台芸術センター

静岡芸術劇場(静岡県)

2008/06/14 (土) ~ 2008/06/15 (日) 公演終了

上演時間:

国のために倒れた者、国に抗って倒れた者、
悲劇に終わりはあるのだろうか
イスラエルの歴史を支えた老兵が歌う
痛切な鎮魂曲

神の掟か? 人の掟か?

『アンティゴネ』が突きつけるこの問いは今最もアクチュアルな問題になりつつある。そして今、この問いに最も激しく直面させられているのは...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/06/14 (土) ~ 2008/06/15 (日)
劇場 静岡芸術劇場
出演 ハビマ国立劇場、カメリ劇場
脚本 ソフォクレス
演出 ハナン・スニル
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,000円
【発売日】2008/04/07
4,000円/同伴チケット(2枚)7,000円
大学生・専門学校生 2,000円 高校生以下 1,000円
(公演当日、受付にて学生証を提示してください)
サイト

http://www.spac.or.jp/08_spring/antigone.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 国のために倒れた者、国に抗って倒れた者、
悲劇に終わりはあるのだろうか
イスラエルの歴史を支えた老兵が歌う
痛切な鎮魂曲

神の掟か? 人の掟か?

『アンティゴネ』が突きつけるこの問いは今最もアクチュアルな問題になりつつある。そして今、この問いに最も激しく直面させられているのは、今年建国六〇年を迎えたイスラエルに住む人々なのかも知れない。このハビマ版『アンティゴネ』では、合唱隊が第一次大戦古参兵の勲章を身につけてあらわれる。この4人のヴェテラン俳優の顔には、イスラエル六〇年の歴史が深く刻まれている。

スニル演出の挑発的な『アンティゴネ』は、昨年イスラエルで最優秀作品賞、最優秀主演女優賞など、数々の賞に輝いた。栄光の歴史を背負う2劇場の初来日にふさわしい作品である。
その他注意事項
スタッフ 出演:ハビマ国立劇場、カメリ劇場
脚本:ソフォクレス
演出:ハナン・スニル

[情報提供] 2008/12/26 11:50 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/03/08 23:10 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大