朝日新聞社

東京文化会館 大ホール(東京都)

2009/06/24 (水) ~ 2009/06/26 (金) 公演終了

上演時間:

田舎の地主屋敷で生まれ育ったタチアーナは、妹オリガの婚約者レンスキーの親友オネーギンにひと目で恋をする。純真な彼女は一途な思いを恋文に託したが、都会の社交界で遊び慣れたニヒルな若者オネーギンは、冷たく振った。半年後、タチアーナの「名の日の祝い」が催された。レンスキーに誘われてやってきたオネーギ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/06/24 (水) ~ 2009/06/26 (金)
劇場 東京文化会館 大ホール
出演
作曲 チャイコフスキー
演出 演出:D.チェルニャコフ(2006~2007年シーズン新演出)
料金(1枚あたり) 10,000円 ~ 80,000円
【発売日】2008/11/15
一般:S\42,000 A\37,000 B\32,000 C\26,000 D\20,000 E\15,000 F\10,000
2演目セット券:S\80,000 A\70,000 B\60,000
※夢倶楽部会員割引あり ※学生席あり。各ランクの半額(社会人学生を除く25歳までの学生が対象) 残席がある場合に限り4月4日(土)10:00よりジャパン・アーツぴあコールセンターにて学生券の電話受付を開始します。 当日は入口にて学生証を拝見いたします。*学生証がない場合、ご入場いただけない場合がございます。*学生で夢倶楽部会員の方も、学生席は一般価格の半額です。
サイト

http://www.japanarts.co.jp/html/2009/opera/bolshoi/onegin.htm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 田舎の地主屋敷で生まれ育ったタチアーナは、妹オリガの婚約者レンスキーの親友オネーギンにひと目で恋をする。純真な彼女は一途な思いを恋文に託したが、都会の社交界で遊び慣れたニヒルな若者オネーギンは、冷たく振った。半年後、タチアーナの「名の日の祝い」が催された。レンスキーに誘われてやってきたオネーギンは、自分に向けられた人々の好奇の目に苛立ち、腹いせにオリガを誘惑する。レンスキーは親友に決闘を申し込み、翌朝若い命を散らした。自責の念に駆られたオネーギンは放浪の旅に出る。3年後首都に舞い戻った彼が夜会の席で目にしたのは、艶やかな公爵夫人に変身したタチアーナだった。今度激しい恋に身を焼くのは、彼だった。
音楽作家 ひのまどか
その他注意事項
スタッフ ロシア語上演/日本語字幕付
指揮:アレクサンドル・ヴェデルニコフ(ボリショイ劇場音楽監督)/ミハイル・プレトニョフ
ボリショイ劇場管弦楽団、ボリショイ劇場合唱団、ボリショイ劇場俳優団

指揮:アレクサンドル・ヴェデルニコフ(ボリショイ劇場音楽監督)
演出:D.チェルニャコフ(2006~2007年シーズン新演出)

予定される主なキャスト
タチアーナ(S):タチアーナ・モノガローワ/エカテリーナ・シチェルバチェンコ
エフゲニー・オネーギン(Br):ワシーリー・ラデューク/ウラディスラフ・スリムスキー
レンスキー(T):アンドレイ・デゥナーエフ/ロマン・シュラコフ
*キャストは変更になる場合がございます。最終的な出演者は当日発表となります。

[情報提供] 2008/12/25 13:57 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/02/25 04:21 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大