演劇

2008/2009シーズン シリーズ・同時代【海外編】Vol.3

タトゥー (ドイツ)

新国立劇場

新国立劇場 小劇場 THE PIT(東京都)

2009/05/15 (金) ~ 2009/05/31 (日) 公演終了

上演時間:

海外の優れた現代戯曲を日本の注目演出家により紹介する、シリーズ・同時代【海外編】の締め括りとして、岡田利規演出による『タトゥー』(日本初演)が登場します。
演劇カンパニー・チェルフィッチュを主宰し、若者を象徴するようなリアルな言語、独自の身体表現で演劇の新たな姿を提示し、第49回岸田國士戯曲...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/05/15 (金) ~ 2009/05/31 (日)
劇場 新国立劇場 小劇場 THE PIT
出演 吹越満、柴本幸、鈴木浩介、内田慈、広岡由里子
脚本 デーア・ローアー
演出 岡田利規
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 4,200円
【発売日】2009/03/14
A席:4,200円 B席:3,150円 Z席:1,500円
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/season/updata/20000066_play.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 海外の優れた現代戯曲を日本の注目演出家により紹介する、シリーズ・同時代【海外編】の締め括りとして、岡田利規演出による『タトゥー』(日本初演)が登場します。
演劇カンパニー・チェルフィッチュを主宰し、若者を象徴するようなリアルな言語、独自の身体表現で演劇の新たな姿を提示し、第49回岸田國士戯曲賞を受賞した岡田利規。2008年4月にデビュー小説集が第2回大江健三郎賞を受賞、11月には安部公房の名作『友達』の演出とさらに活動のフィールドを広げました。
本作『タトゥー』は、ベルトルト・ブレヒト賞を受賞した現在ドイツ演劇界を代表する新鋭女流劇作家デーア・ローアーの出世作となった1992年発表の作品であり、ある秘密を持つ閉ざされた家族の愛憎をややグロテスクに描きながら、作者独特の詩的センスと劇的言語によって近代化された社会に残存する複雑な心理を浮かび上がらせ、「テアター・ホイテ」誌の年間最優秀新人劇作家に選ばれるなど、欧米でも多くの賞に輝いた話題作です。
また舞台美術はベルリン在住の現代美術作家で、2007年度の芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞した塩田千春が手がけます。何気なく目にする日常の事物に、死の恐怖と生の迫力を同時に付与した作品で観るものを魅了する舞台美術も必見です。
吹越満をはじめとした5人の実力派キャストによる、海外の最先端の演劇との出会いにどうぞご期待下さい。

ものがたり

気さくで働き者で家族思いの父、家事と仕事を両立しながら控えめに家を支える母、仲良く喧嘩するしっかりものの姉とやんちゃな妹、どこにでもある普通の平穏な家庭、それはこの家族の一表面であると同時に「なんとしても失いたくない」心の拠り所になっている。その願いの陰で行われる父の蛮行。
長年かけて築いてきた温かい家庭の体面を保ちたい母ユーレは、娘の犠牲を見て見ぬふりをするが、自分を統括しきれず自虐行為で発散する。そんな母を軽蔑し、父の愛が姉だけに向けられているのを妬む妹ルルは、自分の未熟とコンプレックスを攻撃性に変える。家族のため、家族が崩壊したら困る自身のため父との関係を受け入れる姉アニータは、平穏な日常と残酷な悪夢の間を行き来する。マイホーム・パパを自負する父ヴォルフは、家族の依存心を利用して野蛮な慣習を正当化し、強大な支配力を発揮していくが、実はそんな家族に誰よりも依存しているのがこの父であった。
そんな日常の中、花屋の店員パウルとの出会いによって、アニータに訪れたまたとない「機会」は、諦めかけていた未来への希望を蘇らせるが……。
その他注意事項 「シリーズ・同時代【海外編】」の3作品――『昔の女』、『シュート・ザ・クロウ』、『タトゥー』――の公演に連動して、海外最先端の戯曲を紹介するリーディング公演や、作家、翻訳家、演出家、俳優、研究者などの参加するトークを同時開催いたします。
どうぞご期待ください。

【スペシャルイベント内容】
★シアター・トーク★
新国立劇場おなじみの「シアター・トーク」。出演者やスタッフを交えたトークを行います。

★シアター・トーク【特別編】★
公演にあわせ、各作品の作家の来日が予定されています。海外最前線の作家と翻訳家、研究者によるトークで、作品の魅力や作家の人物に迫ります。

★番外連続リーディング★
「現代戯曲研究会」で取り上げた作品から、小劇場公演では取り上げられなかった作品群を連続リーディング上演します。
3人の演出家と新国立劇場演劇研修所研修生の出演でお送りします。
スタッフ 作:デーア・ローアー
翻訳:三輪玲子
演出:岡田利規

美術:塩田千春
照明:大迫浩二
音響:福澤裕之
衣裳:堂本教子
ヘアメイク:中井正人
演出助手:宮越洋子
舞台監督:米倉幸雄

芸術監督:鵜山 仁
主催:新国立劇場
協力:東京ドイツ文化センター

[情報提供] 2008/12/10 11:29 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/04/21 19:52 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大