演劇

第7回本公演

エスカルゴ

デザイン:フジイハルカ

0 お気に入りチラシにする

演劇

第7回本公演

エスカルゴ

こゆび侍

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2009/03/25 (水) ~ 2009/03/29 (日) 公演終了

上演時間:

男は十数年前に文芸界を風靡した詩人であるが、加齢に伴い才能は枯渇し、落ちぶれていた。
ある日編集者から最後通達を受け、ひどく疲れて家族の待つ自宅へ帰り、久しぶりに筆を進めるが「妻」という漢字が「毒」に見えてしまう。
―食用のエスカルゴは、体の中の毒や不純物を抜くために何日も綺麗な水を飲まさ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/03/25 (水) ~ 2009/03/29 (日)
劇場 花まる学習会王子小劇場
出演 廣瀬友美、佐藤みゆき、加藤律、浅野千鶴(味わい堂々)、藤尾姦太郎(犬と串)、浜松ユタカ(動物電気)、浅見臣樹、井黒英明、和田菜美子、福島崇之、政修二郎
脚本 成島秀和
演出 成島秀和
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,800円
【発売日】2009/02/14
前売:2500円/当日:2800円
☆初回割引・・・前売:2000円/当日2300円
サイト

http://koyubi.chips.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 男は十数年前に文芸界を風靡した詩人であるが、加齢に伴い才能は枯渇し、落ちぶれていた。
ある日編集者から最後通達を受け、ひどく疲れて家族の待つ自宅へ帰り、久しぶりに筆を進めるが「妻」という漢字が「毒」に見えてしまう。
―食用のエスカルゴは、体の中の毒や不純物を抜くために何日も綺麗な水を飲まされる―
体の中の妻<毒>を抜き自らの才能を蘇らせるため、何日も何日もうつくしい女を呑み込み続け、そしてそのたびに男は、一心不乱に排泄をしていくがどうにも妻は出て行かず、やがて男は…。

こゆび侍1年2ヶ月ぶりの本公演は、幻覚・妄執に捕われ美しい女を捕食する、ふしだらな男の末路を描くシリアスドラマ
その他注意事項 この度出演を予定しておりました劇団員の川連太陽は一身上の都合により降板致します。
変わりまして元・劇団同居人に所属、近年は熱帯(オッホ)等に出演し、
フリーの役者として小劇場を中心にCMや映画も活動中の政修二郎が出演致します。
成島作品には小規模の自主公演を含め三度目の出演となります。

尚、川連太陽につきましては以降もこゆび侍で活動を行ってまいりますので今後ともよろしくお願い申し上げます。
スタッフ 【舞台監督】橋本慶之
【照明】兼子慎平(La Sens)
【音響】佐藤真弓
【小道具】辻本直樹(Nichecraft)
【宣伝美術】フジイハルカ
【制作】塩田友克(クロムモリブデン)
【脚本協力】セリザワケイコ

[情報提供] 2008/12/10 01:26 by mk

[最終更新] 2009/07/25 11:17 by コロ助

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー6

コロ助

コロ助(2)

制作さんです。

紅こゆび

紅こゆび(0)

脚本 演出

代表作になるようにします。

りつ

りつ(0)

がんばらせていただきます。

このページのQRコードです。

拡大