演劇

透現演舞 第六回公演

サーカス団エルミタージュ

デザイン:田口悠菜

0 お気に入りチラシにする

演劇

透現演舞 第六回公演

サーカス団エルミタージュ

Monochrome Plus

シアター風姿花伝(東京都)

2009/08/05 (水) ~ 2009/08/09 (日) 公演終了

上演時間:

【あらすじ】
道化師アイリスと軽業師パルシボーの二人は、
サーカス団「エルミタージュ」の中でもとびきりのスターとして
観客の注目と喝采を集めていた。

アイリスの人とは思えぬおかしな踊りや、
パルシボーの人間離れした軽業は、
人々の目を輝かせ、夕暮れの町に華やかさを添えていた。
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/08/05 (水) ~ 2009/08/09 (日)
劇場 シアター風姿花伝
出演 廣島梨乃、渡邉裕美子、木下勝哉、西原一郎、望月亜希子、前田勝(八っちゃん)、小鷹未菜((劇)alienscope)、神崎ゆい、成田文彦(OYSプロデュース)、永田和久(テアトル・エコー)、大高奈津美、遊佐亮太(浮遊)、丸山朋子(スタークコーポレーション)、鈴木翠(fishapod)、松村泰一郎(十ツ葉のクローバー)
脚本 中村達郎
演出 中村達郎
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,500円
【発売日】2009/05/01
前売・当日共に2500円
ペアチケット4000円(2名Ⅰ組 前売りのみ)
金昼・学生割引2000円
サイト

http://www.tohgen-enbu.com/next/next.htm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 【あらすじ】
道化師アイリスと軽業師パルシボーの二人は、
サーカス団「エルミタージュ」の中でもとびきりのスターとして
観客の注目と喝采を集めていた。

アイリスの人とは思えぬおかしな踊りや、
パルシボーの人間離れした軽業は、
人々の目を輝かせ、夕暮れの町に華やかさを添えていた。

それはそうだ。
二人は人間ではなかった。
二人は身体に糸のついた、操り人形である。

夕暮れの橋の上。
大道芸人達に混じって演じられた人形劇
「サーカス団エルミタージュ」は大の人気で、
人々は人形達のサーカスに引き込まれ、時が経つのを忘れた。

だが、時は忘れられても、けして止まることはなく。
パルシボーはもういないし、
アイリスはもう踊らない。
橋はいまでもそこにあるのに、サーカスはいつまでも始まることはない。

その他注意事項
スタッフ 【舞台監督】大畑厚志
【照明】小坂章人
【音響】吉岡歩(stage gear)
【楽曲提供】宇澤とも子
【舞台美術】松本翠
【宣伝美術】田口悠菜
【制作】stage gear・米田清美
【協力】みらい館大明
    あんず/篠原志奈
    清水敏夫/金盛里絵
    プロダクション・タンク

[情報提供] 2008/12/06 17:35 by アユミ

[最終更新] 2009/08/10 13:43 by なかたつ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー17

りま

りま(0)

初参加、初制作手伝いです。 よろしくお願いします!

ゆっさん

ゆっさん(0)

初参加です

みどり

みどり(0)

初参加です。 よろしくお願いします。 過去、どんな...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大