The Weir -堰- 公演情報 The Weir -堰-」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.0
1-4件 / 4件中
  • 実演鑑賞

    満足度★★★★★

    久しぶりにとても上質な会話劇を拝見したような気がします。役者の皆さんの演技も確かで素晴らしく、内容に引き込まれました。
    そこに、6番目のお客さんとして座って話を聞いているような感じで良かったです。私は好きなお芝居でした。

  • 実演鑑賞

    満足度★★★★

    アイルランドの田舎町のパブ。マスターと常連を含めた友人3人、そして最近ダブリンから越してきた女性。この5人による一夜の不思議な会話劇。

    ネタバレBOX

    劇的な何かが起こるわけでもなく、下手をすると退屈してしまいかねない展開なのに、役者陣の力量で最後まで。美術や音響も素晴らしい。
  • 実演鑑賞

    満足度★★★

    これ本当に飲んでるの?冒頭からギネスの黒ビールの栓を抜き瓶からゴクゴクと飲る主人公(永井誠氏)。「うわっ飲みてえ!」と客席が揺れる。こっちはイングランドだが、「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」を重ねてしまう。只々パブをハシゴしてベロベロに酔うクズ中年達の与太話。観ていると飲みたくなってイライラする所も重なる。瓶ビール、生ビール、ウイスキー、白ワイン、ブランデー。観てるこっちが酔ってくる。(ブログを読む限り、ノンアルコールらしい!?)
    Twitterで見て気になった舞台美術は最早芸術。新国立劇場並の精度で職人の腕前。本場アイルランド人の感想を聞いてみたい。ケチの付けようがないこの舞台を用意されたら役者陣も気合いが入ることだろう。

    パブのマスターと幼馴染の常連三人、初めてやって来た綺麗な女性。五人芝居の熟練したテクニックに唸らされる。
    升田幸三を思わせる永井誠氏の無頼な風貌。加勢大周を想起させる岩田翼氏のスマートな作法。味のある平林弘太朗氏の優しい物腰。聞き役に徹するが、正しく場を律していく高草量平氏の立ち居振舞い。そして、この物語の要となるあんどうさくらさんのリアルな存在感。五人の細かな遣り取りの完成度が高い。地元の紹介を兼ねて、新顔の女性に三人が自身が経験若しくは耳にした心霊体験を語っていくことに···。
    そしてあんどうさくらさんも語り出す。

    ネタバレBOX

    あんどうさくらさんの語るエピソードは秀逸。これをどう捉えるべきか、じっと考え込むような内容。そのどうしようもない空気感の中、二人が店を立つ。
    残った三人、主人公が語るのはレイモンド・カーヴァーの「ささやかだけれど、役にたつこと」を思わせるエピソード。無力感に苛まれ、言葉を失う。

    孤独や暴発する感情や自責の念を抑える為の“堰”がアルコールなのだろう。そして、この地元の知り合いが集うパブ、それ自体が。物凄くありふれた、世界中の飲み屋で皆が本能的に交わしている作法。今夜、すべてのバーで。
  • 実演鑑賞

    満足度★★★★

    鑑賞日2021/09/16 (木) 14:00

    座席1階

     アイルランドでは、たくさんの不思議な話や妖精の話が今も伝えられているという。妖精というのはあの世に住む人たちであり、現世に生きる人たちと時々接点がある? まあ、その接点が不思議な話なのであり、科学や常識では説明がつかない不思議な出来事は妖精の仕業なのだとか。アイルランドの劇作家コナー・マクフィアソンの「堰」は、オカルトチックな不思議物語を紡ぐ舞台だ。
     この舞台は約2時間の上演時間、ずっとアイルランドのパブのセッティングで繰り広げられる会話劇。まあつまり、日本でいえばスナックのバーカウンターでマスターと客が話すよもやま話といったところだ。アイリッシュバーは日本でもたくさんあるが、サッカーの試合を大画面のテレビで流しているような日本風アイリッシュバーではなく、地元の人が止まり木に腰掛ける、どこの町にもある日本国内のバーという雰囲気である。酔っぱらう場所は万国共通だな、と思ったりもする。
     バーに来る客はこれまでの人生で傷ついたり、思いもかけなかったことに遭遇したりした経験を問わず語りに話し出すことがある。日本でもそうだ。マスターやママはじっと耳を傾け、酒を注ぎながら心を寄せてくれる。そうしてまた次の日、私たちは頑張って仕事に出ることができる。この物語でも同じである。
     こうしたどこにでもある風景が妙に懐かしく思うのは、コロナ禍でも外出自粛が続き、外に飲みに出ることがパタっとなくなったからだ。この舞台もコロナ禍で一年延期されたという。去年予定通り見るのと、今年、緊急事態宣言発令中の中で見るのとは、感じ方が大きく違う。コロナ禍がずっと続くわけではないと思うのだが、「ああ、こういう時間はもうないのだろうか」としんみりとしてしまう。
     傷ついた人をさりげなく励ます、言葉をかける。そうした優しい空間が懐かしい。酔っぱらいの騒々しい口げんかはまあ、あるけど。妖精たちの物語に、いつも以上に優しさを感じるのはコロナ禍だからだろうと思う。

この公演に関するtwitter

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. 久しぶりにとても上質な会話劇を拝見したような気がします。役者の皆さんの演技も確かで素晴らしく、内容に引き込まれました。 そこに、6番目のお客さんとして座って話を聞いているよう… https://t.co/6b5JkAzut8 Weir -堰- #劇団昴 #The #舞台 #演劇

    約3時間前

  2. 今週更新された劇団 14  昴 @gekidansubaru https://t.co/9wLUxyWnme 最新作「 Weir-堰-」他26作品の劇評をお読みいただけます #劇団 #The #演劇 #舞台 #劇評

    1日前

  3. 20210919 The Weir −堰− 昴公演@Pit昴 アイルランド過疎地域の住民たちの閉塞的ながらも温もりある人間模様を描く佳作。あまりに淡々としていて退屈に陥りかねない脚本だが演出と役者陣のメリハリあるパフォーマンスで充足感のある舞台。美術の質の高さも印象的。

    2日前

  4. 先日ホント久々に の本公演「The Weir 堰」観劇。まず、徹底した感染対策に、コロナ禍での公演の苦労と覚悟が感じられた。 田舎町の小さなパブに集まった客たちが、「妖精」の話から堰を切ったように語り始めるちょっと不思議… https://t.co/uREscHmveq #劇団昴

    2日前

  5. 今週更新された劇団 14  昴 @gekidansubaru https://t.co/9wLUxyWnme 最新作「 Weir-堰-」他26作品の劇評をお読みいただけます #劇団 #The #演劇 #舞台 #劇評

    3日前

  6. 劇団昴の「The Weir -堰-」にも同じようなことを感じたかなあ…。小屋は狭かったけど、コロナ下でも上演できる少人数のモノローグ芝居だという理由以外に、2020年、2021年に上演する必然性を私は感じませんでした。その種の芝居が好きな人には申し訳ないけど。

    7日前

  7. 劇団昴『The Weir-堰-』観た 物語の核となる部分やテーマは割と好きだったけどそこまでがなかなか難しかった感覚 「何かある」が繰り返されるのであればその「ある」感覚は重層的な方が興味をそそられるように感じた でも「何か」は確実にあったので最後綺麗に繋がってたと思う

    7日前

  8. 『√( )』( といえば、 9月16日(木)14:00 『The Weir 』を へ観に行ったとき、姉崎公美さんが観に来ていたなぁ…。 姉崎さんは……、、 被害者の少女の祖母の役…だったっけ… https://t.co/PNURAmbEwy #ルート #Pカンパニー #堰 #劇団昴

    7日前

  9. 9月13日(月)14:00 9月16日(木)14:00 『 The Weir を観に行った♪♪ 昴のみなさんに会いに行った!! #劇団昴 #堰

    8日前

  10. 劇団昴『The Weir/堰』最前席で恐縮。アイリッシュパブで次々呑み干される数々の酒に観客もトイレに行きたくなり、煙草が臭って苦しい。地元の幽霊話や自らの体験談が堰を切ったように語られるがちっとも飽きない。コロナ禍の今、この舞台… https://t.co/aHuYq5FNqm

    9日前

  11. 一昨日、劇団昴「The Weir -堰-」 昨日、青年座「ズベズダ -荒野より宙へ-」 今日、青空の休暇でご一緒したグレッグの演技のワークショップ。 めちゃくちゃいい3日間! 入れて、入れて、入れて、出して。 充実してます。

    10日前

  12. ブログ用サーバー復旧した模様です。大変ご迷惑おかけいたしました。現在『The Weir』 ─堰─本番中で、出演者が公演ブログを担当しております。是非ご覧ください!

    12日前

  13. 劇団昴「The Weir/堰」悪い奴は誰も出てこないところも良い感じ。会話で進めていく芝居で、ドラマティックな展開はないけど、なんだかとっても温かい気持ちになる。妖精が住む砦……妖精たちが海岸に水浴びに行く……妖精の通り道←このセリフ本当に素敵だった。アイリッシュだな〜☺️

    13日前

  14. 劇団昴「The Weir/堰」アイルランド田舎町にある昔ながらのパブのセットが良い! 4人の登場人物が地元で起こった、あるいは自分が体験した、妖精だか幽霊だかが出てくる不思議な話をしていく。それぞれが何かしら人生の澱を抱えているけど、最後は皆の心の救済につながるような感じになる。

    13日前

  15. 劇団昴の「The Weir/堰」観てきた。作者はあの「海をゆく者」と同じコナー・マクファーソン(ここではマクフィアソン表記)。本作も幽霊とか妖精とか、なんだかとてもスピリチュアルな話になっている。舞台がパブなんでアイリッシュのビー… https://t.co/pkn4Nhk3LM

    13日前

  16. 主催側の対策だけに甘えず、自分も普段から対策徹底した上で『The Weir - 堰 -』を観劇。 アイルランドの小さなバーで4人の男とひとりの女が昔の話をしているのだが、何故【堰】と表題されているのかは舞台を観終わってから納得。… https://t.co/ujhkHIzwre

    14日前

  17. おはようございます☀️ 昨日から、裏でお手伝いさせていただいている「The Weir ~堰~」が無事初日を迎えることが出来ました☺️ まだお席に余裕がある日もあるみたいなので、気になる方は是非! 感染対策してお待ちしてます😷 https://t.co/W9UGUB8aVr

    E 9pxnqvcaitz5f E 9pxnwvgautsr8

    14日前

  18. 本日初日を迎えました! 劇団昴 The weir -堰- ありがとうございます!! たくさんの人が関わって全員が一生懸命コロナの対策をして、頑張って作り上げた作り上げた舞台。お客さんが入って観ていただくことで完成するんだと実感… https://t.co/lpyhTaiHo7

    15日前

  19. 『The Weir - 堰 -』 無事に初日を終えることができました。 暖かいお客様に囲まれ、ダブルカーテンコール頂きました。 本当に幸せな瞬間でした。 こんな状況で足をお運びいただき、出演者一同心から感謝しております! まだお席… https://t.co/ikzSx4jKed

    15日前

  20. 劇団昴公演 「The Weir-堰-」 大山のPit昴にて本日初日です。 26日まで。 ああ、アイリッシュパブに行きたい。 https://t.co/kQiCl1Y1PY

    15日前

  21. 『The Weir -堰-』明日から初日だそうで、今日はプレビュー公演を観させていただきました。 アイルランドの妖精って、こんな風に人々のそばにあるんだなと思いました。パンフレットも読み応え抜群。役者さんは朗読の練習にできそうなく… https://t.co/BXAUHf4ttl

    16日前

  22. 9/10から劇団昴の『The Weir-堰-』公演始まります。パンフレットにちょっと書かせてもらってるご縁があって、少しでも多くの人に観てもらえたらと願っています。 https://t.co/1iYLuoSAGN

    E 2r8oiuuayostw

    16日前

  23. 【こりっちチケットプレゼント!9/8(水)〆切(東京)】 劇団昴「The Weir -堰-」9/10(金)~9/26(日)於:Pit昴/サイスタジオ大山第1 CoRich舞台芸術!: https://t.co/oNql0yQzWfhttps://t.co/ohPsmL7DMb

    17日前

  24. 今年の芸術シーズンの観劇予定がちらほら入ってきた。 コロナ渦で頑張ってくれている各劇団に感謝! 20210912(日) 文学座:熱海殺人事件 20210919(日) 昴:The Weir -堰- 20210923(木) キンダー… https://t.co/danw9sN0ya

    18日前

  25. Interview:「The Weir-堰-」演出、小笠原響 乾杯で冷えた心も温め... https://t.co/uYEVWZN82x

    19日前

  26. 劇団昴 公演 The Weir -堰- 演出部(主に衣裳サブ)関わっております! こんな感じで、もう間もなくなのですが携わっております!舞台セット凄いやで!私頑張ったやで!!!そんな素敵な舞台観に来て欲しいな。こんな時だからこそ… https://t.co/O5gKEhzuXY

    21日前

  27. 吹き替え・アニメでも活躍中のあんどうさくらちゃんが9月の本公演に出演します! 私はこの間『BEASTARS』のseason1-7を観て「やっぱさくら素敵だな〜」と声出してました。昨年末の「アルジャーノンに花束を」ではキニアン先生役… https://t.co/GfYGRZdlxc

    23日前

  28. 劇団昴『The Weir – 堰 – 』 2021.9/10(金)〜26(日) 於:Pit昴 昨年6月に延期となりましたが、 今回、感染対策に最新の注意を払って、上演する運びとなりました。 アイルランドの田舎のバーでのお話。コ… https://t.co/nyXagQF6il

    24日前

  29. このようなご時世ではございますが、去年延期になった劇団の本公演「The Weir -堰-」が9月10日~26日上演予定です。 人によってそれぞれ身を置かれている環境が違うことと思います。もしも観劇のご都合が付くようでしたらDM等で… https://t.co/OXlxFvJYJW

    26日前

このページのQRコードです。

拡大